越前ガニにみる福井県の県民性

調査業務局 コミュニケーション調査部
尾上なつは
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

カニですが、硬い話ではありません

日増しに寒さが厳しくなり、冬の味覚の王様「カニ」のおいしい季節になってきましたね。今回は先日(11月6日)初競りに1匹最高37万円の値がついた越前ガニと、カニの特徴になぞらえながら、その産地である福井県をJ-READからみていきます。

越前ガニも松葉ガニも実は同じ種類?!

その前にカニのお話をもう少々。カニと言えば、たらばガニ、ずわいガニ、毛ガニなどが有名ですが、この3種類の違いをご存知でしょうか。(たらばガニは生物学上はヤドカリの仲間だそうですが、ここでは一般的な認識としてカニとして話しをすすめます)毛ガニは名前からイメージできると思いますが、たらばガニとずわいガニはどっちがどっちか分からなくなりませんか?たらばガニは3種の中で一番大きくてトゲトゲ。対するずわいガニは小さなツルツルの甲羅で脚が長く、名前の由来も「すわえ(真っ直ぐに伸びた小枝)に似て細く真っ直ぐな脚だったから」という説があり、名称由来からも特徴が想像できます。

また、ずわいガニは品質や水揚げ場所、オスかメスかによって呼び方に違いがあります。「越前ガニ」と呼ぶことができるのは福井県で水揚げされる高品質のオスだけなのです。本稿を書きながら「たらばガニ・ずわいガニ」は種類の違いで、「越前ガニ・松葉ガニ」はブランドの違いだと知りました。

2016_554_26-27_01.jpg

高級vs高給トリ

初競りでも驚異の値段をたたき出した越前ガニですが、相場でも1杯平均2万円(季節によって変動)です。ノーブランドのずわいガニは1杯6千円程度なので3~4倍の価格、まさに高級!また、越前ガニの中でも立派なものは皇室への献上ガニにもなっているなどプレミア感があります。

そんな高級な越前ガニの産地である福井県ですが、県民の世帯年収は673万円で全国平均を2万円も上回っています。また、フルタイム正社員の割合が35.7%(全国平均+5.4 pt)、全国3位と多く、ここには安定した働き口と所得があることがわかります。特に目を見張るのは資産1584万円(+122万円)で、稼いだお金をしっかりと貯蓄しているようです。

全国の新聞(約110紙)の量・質について明らかになるほか、世帯年収・商品関与・生活者意識などの豊富なデータを収録する調査です。サンプルサイズはなんと約3万人で、全国47都道府県・全域のデータを保有、地域間の比較のためのエリアマーケティング データとしても重宝頂いております。

脚の数10本vs家族人数 全国1位

越前ガニは細い脚が10本と脚の数が多いことも特徴です。では福井県の家族人数は?ということでみてみると、全国平均3.6人に対して4人、なんと1位です。また、3世代以上の世帯の割合も高く、2位(31.1%)。家族構成でも乳児とシニアの同居が多いのも特徴です。これはよく知られたことですが、住まいも戸建て持ち家率4位(86.1%) とかなり高く、昔ながらのサザエさん的な家族風景が浮かびます。

メスも美味vs女性も活躍

高級でジューシーな味わいの越前ガニですが、一回り小さいメスのカニ(せいこガニ)もツウの舌を唸らせているようです。せいこガニの最大の特徴はミソと卵で、地元の人はむしろリーズナブルな値段のせいこガニの方を好んで食べるようです。

さて、メスのカニも食卓を賑わせているように、福井県は男性だけでなく女性も活躍しています。福井では江戸時代に下級武士の妻たちが内職の機織りに励むようになって以来の伝統が受け継がれているためか、昔から女性は働き者が多い(※1)と言われてきました。20才以上の女性で働いている人は67.4%で2位。個人年収は160万円の8位、資産は1699万円で全国で4位です。男性だけでなく女性も平均より高く、資産所有に貢献しているようです。

2016_554_26-27_02.jpg

表からは、堅実で多くを求めない県民性が読みとれます。「越前ガニのように高級(高給トリ)、せいこガニが食卓を賑わせるように女性も働いている」福井県民ですが、資産が平均よりも122万円高く、目先の消費よりも貯蓄する方に意識が向いているようなので、贈与に関するサービスや貯蓄型の保険商品などを勧めるのがいいのかもしれません。ちなみに、福井県は幸福度ランキング(※2) で1位でした。所得や持ち家を含む資産もあって 子や孫ともに同居...と将来に対する備えは盤石。更に多くを求めないマインドもあいまって、高い幸福度につながっているようです。

...と、ここまで書いてきて猛烈にカニが食べたくなってきました。越前ガニは漁期が3月20日まで、せいこガニは12月31日までだそうです。食べたい方はお早めに!

(※1)参考文献:県民力がスバリ!わかる本

(※2)日本総合研究所発表

贈与サービスや貯蓄型保険がお勧め?! 堅実マインドも幸福度No.1に寄与か意識の面はどうでしょうか。カニには聞けないので福井県民の意識をみてみます。

この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!