ホームエレクトロニクス導入の未来像(上)

VRDigest編集部
VRDigest編集部
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

 ※本記事は1988年に発刊したVR Digestに掲載されたものです。

高度情報化社会の進展に伴なって家庭における情報環境が大きく変化している。

 21世紀には、日本の一般家庭でインテリジェントハウスやホームバスの登場、ホームエレクトニクスの導入がなされよう。

 2010年には、家庭の半数がテレビ電話や家庭用ファクシミリ、ハイビジョンなどを持ち、ホームコンピュータを利用した在宅勤務が日常化する。......こうした家庭用電子機器の普及予測調査が科学技術庁、資源調査会で実施され発表された。

 それは「家庭生活における電子技術の高度利用に関する調査」で、西暦2010年におけるホームエレクトロニクスの未来像を予測したもので、2回にわたりその概要をみてみよう。

1.生活における電子技術の高度理世に関する調査

(調査の目的)

 ホームコントロールシステムやセキュリティシステムのような電子技術を応用した家庭用機器・システムはホームエレクトロニクス(HE)と呼ばれており、現在本格的な普及が始まろうとしている。

 ホームエレクトロニクスは今後、家庭での資源・エネルギーの消費構造及び家庭生活の質的な変化をもたらすものとして注目を集めている。-方、生活の基礎単位である家庭においては、科学技術のマイナス面の克服の要請に応えるだけでなく、感性的及び人間性的な要求へも対応することが望まれている。

 こうした背景を踏まえ、本調査は、昭和85年(2010年)を見通して省資源・省エネルギーの促進及び人間性豊かな家庭生活の実現を図る見地から、身近なレベルで具現化された科学技術であるホームエレクトロニクスの導入に関する方向性と問題点を明らかにすることを目的とした。

(調査の方法)

vol237_19.jpg

2.ホームエレクトロニクスの現状と技術動向

(ホームエレクトロニクスの現状)

vol237_20.jpg

近年、家庭用電気(電子)機器に関する日本の技術力は向上しており、世界をリードするに至っているが、ホームエレクトロニクスの普及に関しては、メーカーサイドからのシーズ提案型となっているのが現状である。

(ホームエレクトロニクスの技術動向)

vol237_21.jpg

このほか、近時注目を集めている超電導技術等の先端技術についても今後の可能性を秘めている。

3.社会及び家庭生活の将来変化とホームエレクトロニクスへの期待

 家庭生活との調和を図り、資源・エネルギー消費構造の変化に対応した形でホームエレクトロニクスの普及を促進することが必要であるとの観点から、家庭をとりまく社会変化家庭生活の将来変化を踏まえたホームエレクトロニクスへの期待をとりまとめると次のとおりである。

vol237_22.jpg

ホームエレクトロニクスへの期待を踏まえた未来像(例示)

vol237_23.jpg

4.ホームエレクトロニクスの将来

―導入が期待されるホームエレクトロニクスと普及時期―

技術動向とホームエレクトロニクスへの期待を踏まえ昭和85年(2010年)までに導入が期待される機器

vol237_24.jpgvol237_25.jpg

これらの機器のうち、システム化に関するものは、主としてインテリジェントマンション等から順次導入され、-戸建て住宅へ普及していくと考えられる。また、一戸建て住宅については、情報用配線の屋内工事等を要するため、増改築及び新築に伴って導入されるものと考えられる。

(普及にともなう問題点)

・医 療 関 係 医師が直接行わない診断・治療行為は認められていない。

・在 宅 勤 務 企業の労働者管理及び労働者側の受け入れ態勢の整備等。

・各種の在宅処理 各種企業(小売店、金融機関等)のサービス内容の未発達。

・建 築 関 係 家庭用エレベータの建築基準等を現在整備中。

(普及予測の前提)

・可処分所得の低い伸びから、ホームエレクトロニクス市場の目覚ましい拡大は期待しにくい。

・主婦の職場進出が進むことから、在宅勤務及び家事の省力化の面でのホームエレクトロニクスの普及が進む。

・支出項目別からは、例え拭 生涯教育等の教育、教養及び娯楽面でのホームエレクトロニクスの普及が進む。

・ライフスタイルの多様化から、選択の目が厳しくなるはか、従来のような画一的な普及は進まない。

①家事労働の代替関連機器の普及が速い。

②次いで、娯楽関係及び外部サービス等と結びついた機器の普及。

この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!