現代っ子のこづかい、もらい方・その使い方 ―子供調査より―

VRDigest編集部
VRDigest編集部
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

※本記事は1986年に発刊したVR Digestに掲載されたものです。

「子供調査」の結果がまとまりましたので、その中から子供のこづかい、1ヵ月の金額、使い方、さらに、子供がこの1年間に行ったことのある遊園地・レジャーランドについてご紹介いたします。

vol229_01.jpg

こづかいのもらい方...月に1回?

 現代っ子の身辺に新しい商品が登場し、また欲求も多様化している今日です。そこでまず調査結果からこづかいのもらい方をみてみましょう。

 図1は各年齢層別にこづかいのもらい方をまとめたものです。この図をみると男女3~12歳の全体では「こづかいを全くもらっていない」が33%で、3人に1人の割合を占めています。「月に1回決めてこづかいをもらっている」が31%、「定期的にもらっていない」が17%です。

 年齢層別に見ると、3~6歳の就学前児童の70%はこづかいをもらっていないようですが、7~9歳の小学校低学年から10~12歳の高学年になるにつれて、毎月1回決めてこづかいをもらう割合が高くなっています。特に、男子の10~12歳では59%、女子の10~12歳では67%の子供達が月1回こづかいを決めてもらっていると答えています。

'80年から'86年までのこづかいのもらい方で樽徴があるのは、図2のとおり男の児童3~6歳で、こづかいを全くもらっていない子供が増加する傾向が目立ちます。

vol229_02.jpg

こづかい!1ヵ月の金額は500円未満

図3は、ふだん1カ月のこづかいの金額の結果をまとめたものです。

 全体では、1カ月のこづかいの金額は500円未満が25%で4人に1人の割合を占めています。

 年齢層別では、男子の3~6歳では500円未満が14%、500円~1,000円未満が9%の順となっています。男子の7~9歳では500円未満42%、500円~1,000円未満24%の順であり、男子の10~12歳では500円~1,000円未満33%、1,000円、1,500円未満30%となっています。女子の3~6歳では500円未満21%、500円~1、000円未満4%、女子の7~9歳では500円未満43%、500円~1,000円未満27%、女子の10~12歳では、500円~1,000円未満41%、1,000円~1,500円未満20%の順となっています。男子女子とも年齢が高くなるにつれて、こづかいの金額が高い方にシフトしていることがわかります。

vol229_03.jpg

 図3でみるように高学年になるにつれ月に1度おこづかいをもらっている子供の割合が高くなっていることをうかがい知ることができましたが、では一体彼らはそのおこづかいを何に使っているのでしょうか。各年齢層別にこづかいの使い方ベスト5を図4にまとめました。ふだんのこづかいの使い方は、全体でみると「食べ物や飲み物を買う」36%、「マンガを買う」18%、「貯金をする」17%、「おもちゃ・プラモデルを買う」15%の順となっています。

 こづかいの使い方で過去5年間で目立つのは図5のとおり、10~12歳の男女が「マンガを買う」率が大きく伸びてきている点で、'82年10月よりも伸び率で50%以上増加しています。

vol229_04.jpgvol229_05.jpg

5月の連休はどこの遊園地・レジャーランドへ?

 5月の連休は子供をどこに連れていかれましたでしょうか。

 どこに連れて行こうかと悩まれた方もいらっしゃると思います。

 そこで、子供達が過去1年間に行ったことがある遊園地・レジャーランドについてみてみます。

圧倒的に東京ディズニーランド!!

'83年10月から'86年10月までの4年間、子供達が過去1年間に行ったことのある遊園地・レジャーランドのベスト3は変化がなく、第1位は圧倒的に東京ディズニーランドで、'84年10月以降は40%以上の子供が行ったことがあると答えています。第2位は後楽園遊園地で常に20%以上、第3位は豊島園で20%弱となっています。

vol229_06.jpg

次に子供達が行きたがっている遊園地、レジャーランドは'83年10月から'86年10月までの4年間の行きたい希望率を平均でみると、これもベスト5に変化がなく、第1位東京ディズニーランドほ常に70%近くの回答率をあげており、第2位後楽園遊園地20%上、第3位東武動物公園20%、第4位富士急ハイランド13%、第5位が豊島園10%となっています。

 距離的に遠いところよりも近いところへ、また、子供達の希望よりも家計費の方が優先しているといえそうです。

(市場調査第一部 調査企画課 山口八百人)

vol229_07.jpg

この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!