「今日は何の日?」11月23日は勤労感謝の日 ~皆様、お疲れ様です!~

米田 智香
営業局第四営業部
米田 智香
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

11月23日は勤労感謝の日。1948年に「勤労を尊び、生産を祝い、国民が たがいに感謝しあう日」と法律で定められた祝日です。今回は"勤労"にちなんで、仕事時間についてデータで見ていきたいと思います。

大人だけが大変なの?

 まず、大人は1日のうちどのようなことにどの程度時間を使っているのでしょうか。(図1)

 朝の6時~7時に起床しその後通勤、8時以降に仕事をしている人が急増しています。その後お昼時間を挟み、引き続き午後も仕事を行い、徐々に帰宅する様子が窺えます。そして19時を境に仕事をしている人と家に戻っている人の割合が逆転します。こうしてみると、起きている時間の大半を仕事に費やしている様子がはっきりと分かります。

(図1)フルタイム勤務者の平日の行動

図1.png

※MCR/ex東京50km圏,2017年4-6月調査

 やはり大人は大変だなぁ、と思いつつ、自分のことを思い返すと学生時代も同様に大変だったような気がします。

 そこで、次は学生の1日の流れを見て見ます。(図2)

 

(図2)中学・高校生の平日の行動

図2.png

※MCR/ex東京50km圏,2017年4-6月調査

 

中・高校生は大人より早く学校に着いています。8時までに多くの人が学校に行き帰宅は逆に大人よりやや早く家に帰っています。大人の勤務時間と中・高校生の学校での活動時間はほぼ同程度ということがわかります。

 しかし、中・高校生はこれで終わりではありません。図2の赤枠をご覧いただくと、学校のあと、塾に行ったり、自宅で勉強をしていることがわかります。

 平均的な仕事時間、勉強時間を比較すると、図3のようになります。

(図3)平日の・高校生の勉強時間とフルタイム勤務者の仕事時間

数表.png

※MCR/ex東京50km圏,2017年4-6月調査

 勉強を中・高校生の"仕事"と捉えると、大人以上に仕事をしているといえるでしょう。とはいえ、大人は家事などもあり、上記以外でもやることはたくさんあるかと思います。

大人も子供も、毎日お疲れ様です!

※1「MCR/ex」とは・・・A特定の1週間について、生活者の行動を「基本的な生活行動」「メディア接触」「買い物行動」の視点から、曜日別に時間軸に沿って捉えます。時間は最小15分単位で捕捉、1日の流れの中でいつ何をしているのかを、性年代別はもちろん、意識や嗜好別に捉えることができるデータベースです。

   ▼詳細はこちら▼

http://www.videor.co.jp/solution/ad-plan/mcrex/index01.htm

この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!