メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

オープンラボ

VR オープンラボ

ACT.4 明日をつくる ~三陽商会「100年コート」~

開催概要

テーマ 明日をつくる ~三陽商会「100年コート」~
日時 2013年11月13日(水)18:30~21:00
(トークセッション&懇親会)
会場 株式会社ビデオリサーチ 本社1F ラボスペース
費用 2,000円
定員 20名
ゲストスピーカー 株式会社三陽商会 コート企画グループ 
企画統括長 山崎 剛氏
ファシリテーター 株式会社ビデオリサーチ 青山 隆一

当日のタイムスケジュール

18:30-18:40 : 自己紹介タイム
18:40-19:30 : 【聞く】「100年コート」へこめた想い
19:30-20:00 : 【学ぶ】

  • 私の業界…アパレル業界の現在と課題
  • 私はこう読む…プロの流行の読み方、VRデータの読み方
  • 私のつくり方…“つくる”上で大事にしていること

20:00-20:30 : 【考える・交流する】

課題解決方法を、皆で考える

20:30-21:00 : 懇親会

 秋も終盤にさしかかり一気に寒さが増す中、第4回VRオープンラボを開催しました。当日は半数ぐらいの方がコートを着ていらっしゃっていて、本会のテーマにふさわしい気候だったと思います。

 ゲストは三陽商会コート企画グループ山崎 剛氏。三陽商会さんは今年創業70周年を期に「タイムレスワーク ほんとうにいいものをつくろう。」というキャッチフレーズを掲げ「100年愛されるコート」の企画を立ち上げました。企画担当者である山崎さんに、企画にこめた想いやコートを“つくる”、企画を“つくる”上で大事にしていることを中心にお話を伺いました。


【「100年コート」の記念ハンガーを三陽商会さんにご提供いただきました。】

 どんな業種・業態の方であっても、なにかしらを“つくりだしている”と思います。具体的な「製品」や「サービス」、「コンテンツ」、あるいは「企画」など、つくる“対象”は異なっても、“つくりだす”ことに変わりはありません。

 “つくる”プロにそのエッセンスを学ぶ。業種・業態は違えど、そこからヒントが得られるのではないかと考え、今回コート“づくり”のプロにお越しいただくことになりました。

会の流れ

(1)【聞く】「100年コート」へこめた想い


  • 創立70周年を期になぜ「100年愛されるコート」の企画を立ち上げたか
  • 企画を進めていく上での苦労・乗り越えるために必要なこと
  • “つくる”上で大切にしていること

会場に展示された「100年コート」の実物や、パターンやデザイン画などをご紹介いただきながらお話をしていただきました。

(2)【学ぶ】
ファシリテーターの青山と対談する形で進めさせていただきました。

1)私の業界
最近の売れ筋やその理由、現在直面している課題など、アパレル業界をとりまく環境はどう変化しているか。

2)私はこう読む
弊社から下記2つのデータを山崎さんにご覧いただきました。


2つのデータ

1:「ACR」調査からアパレルに関する時系列データ

2:コートの購入頻度や購入時期に関する「WEB調査」データ

ACRについてはこちら

(3)【考える・交流する】

山崎さんから現在直面している課題をご提示いただき、その解決策をチームごとに考えました。山崎さんご自身もテーブルに加わり、直接参加者の方とお話され、メモをたくさんとっている姿が印象的でした。

各チームからは様々なアイディアがあがりました。山崎さんも「同じ業種の人たち、社内からはなかなか生まれない発想」とコメントしてくださったように、異なる業種だからこそ生まれたアイディアの数々でした。

(4)【懇親会】

今回のメインディッシュは「手まり寿司」。食事とお酒を片手に交流しました。

展示されていたパターンの話や、課題解決策のお話のつづき、VRデータの解釈について参加者の方たちがお話されいるのが聞こえてきました。

会を終えて

 今回は誰かが抱えている課題を、皆で叡智を持ち寄って解決しようとする形が実践できたと思います。
 「つくる」ことは一人ではできません、どんな仲間とどんな方法で作っていくか、そのヒントを山崎さんから教えていただきました。

 皆さま、ご参加いただきありがとうございました。

 次回以降も「つくる」プロにお越しいただきます。

コーポレートコミュニケーション室 岡本 三奈


過去の開催リストへ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ