メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2013年

2013年6月13日

父、母に負ける。
~ビデオリサーチACR調査データより~

今週の日曜は『父の日』。
そこでビデオリサーチが毎年実施しているACR調査2012年(※)から、贈り物に関するデータを見てみました。
それによると、「母の日」には半数以上の人が何らかのプレゼントをしているのに対して、「父の日」は3人に1人という結果で、「母の日」に惨敗という結果でした。


「この1年間に贈り物をしたイベント」(男女12-69歳)

「この1年間に贈り物をしたイベント」 グラフ


では、もう少し長い期間で見てみるとどうでしょうか?
1986年から27年間での変化を見ると、「父の日」に贈り物をする人の割合は着実に上昇を続けています。しかし、「母の日」も同様に上昇を続けているため、その差はいっこうに縮まりません。

いつの時代も母は父より強し?

ちなみに、今はお中元のシーズンですが、「中元」に贈り物をする人の割合は、同期間で顕著に減少し続けています。


「父の日」「母の日」「中元」で贈り物をした人の割合(男女12-69歳)

「父の日」「母の日」「中元」で贈り物をした人の割合 グラフ


儀礼的な贈答よりも、身近な人への感謝の気持ちを表現する事をより重視する生活者の意識の変化が見てとれます。

皆様はお父さんへのプレゼント、もう買われましたか?


※ACRとは?


ACRロゴ

ACR調査は、ひとりの生活者に対して媒体接触状況と、消費・購買状況を同時に調査することにより、消費者の動向の把握、ターゲットのプロフィールの把握、媒体計画の立案など、マーケティング・プランニングの際の基礎データとして各方面でご活用いただいております。

  • 調査エリア(目標有効標本数):関東(2600s)/関西(1700s)/名古屋(1700s)/北部九州・札幌・仙台・広島(850s)
  • 調査対象:男女12~69才

※ここでのデータは7地区平均です。




プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ