メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2013年

2013年9月18 日

「ドラえもん」がキャラクター人気度で9回連続トップ、
「くまモン」が18位にランクイン
ビデオリサーチ「キャラクターと子供マーケット調査」2013年6月度

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、満3歳~満12歳の子供を対象に「キャラクターと子供マーケット調査」を年2回(6月、12月)実施しています。この度、2013年6月度の結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

キャラクター人気度調査結果より

子供の人気キャラクター

1位 ドラえもん
2位 ミッキーマウス
3位 となりのトトロ

母親の人気キャラクター

1位 となりのトトロ
2位 ミッキーマウス
3位 ミニーマウス

今回調査した125のキャラクターのうち、子供が選ぶ人気度1位は「ドラえもん」で、2009年6月から9回連続して同じキャラクターでした。また、母親の人気度1位は「となりのトトロ」で、こちらは8回連続です。人気度上位キャラクターは両ターゲットでも大きな変動はみられないものの、熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」が、今回初調査で子供の18位にランクインしました。

また、今回は携帯電話・PHS・スマートフォンの所有・欲求・関心状況をまとめています。詳細は下記をご参照ください。

本調査では、子供を対象にキャラクターの認知・好意・欲求、テレビ・雑誌の接触状況と商品の使用及び生活時間などに関するデータを年2回収集しており、子供マーケットの基礎データとして広くご利用いただいています。

調査概要

調査概要
調査方法 郵送調査
調査地域 東京駅を中心とした半径30km圏
調査対象者 調査時に満3歳~満12歳の男女個人(中学生は除く)
記入者は、全ての対象者の母親または母親代行者とする
有効標本数 613人
標本抽出法 ビデオリサーチモニター名簿より満3歳~満12歳の男女を住民基本台帳の性・年齢構成比を基に抽出
調査期間 2013年6月3(月)~6月9日(日)

キャラクター人気度ベスト20 <2013年6月度> 

(%)

子供(3歳~12歳)
N=613
順位 キャラクター 人気度
1 ドラえもん 75.5
2 ミッキーマウス 63.3
3 となりのトトロ 60.7
4 スーパーマリオ 59.4
5 リラックマ 56.0
6 太鼓の達人 55.8
7 トムとジェリー 53.3
8 くまのプーさん 52.9
9 コアラのマーチ 51.7
10 Qoo 51.4
11 とびだせ どうぶつの森 50.7
12 スティッチ 50.6
13 ポケットモンスター ベストウイッシュ 49.9
14 名探偵コナン 49.6
15 ちびまる子ちゃん 48.8
16 トイ・ストーリー 48.1
17 ミニーマウス 48.0
18 くまモン 47.5
19 ひつじのショーン 47.1
20 サザエさん 46.3

(%)

母親(3歳~12歳の子供を持つ)
N=613
順位 キャラクター 人気度
1 となりのトトロ 58.6
2 ミッキーマウス 55.6
3 ミニーマウス 52.5
4 くまのプーさん 51.9
5 スヌーピー(ピーナッツ) 49.6
6 アルプスの少女ハイジ 48.9
7 サザエさん 47.5
8 ドラえもん 46.0
9 ミッフィー 45.8
10 ドナルドダック 45.5
11 ハローキティ 43.2
12 リラックマ 42.9
13 うっかりペネロペ Penelope tete en l'air 42.1
14 トイ・ストーリー 41.3
15 あらいぐまラスカル 40.3
16 キキララ(リトルツインスターズ) 40.1
17 ムーミン 39.5
18 ピーターラビット 38.8
19 ちびまる子ちゃん 38.2
20 チップ&デール 36.7
20 モンスターズ・インク 36.7



(%)

男児(3歳~12歳)
n=314
順位 キャラクター 人気度
1 ドラえもん 79.3
2 スーパーマリオ 74.8
3 太鼓の達人 59.9
4 ポケットモンスター ベストウイッシュ 59.6
5 名探偵コナン 56.7
6 となりのトトロ 55.7
6 ミッキーマウス 55.7
8 トムとジェリー 55.4
9 ワンピース 54.1
10 カーズ 52.5
11 トイ・ストーリー 52.2
12 コアラのマーチ 49.7
13 キョロちゃん 49.0
13 ひつじのショーン 49.0
13 星のカービィ 49.0
16 かいけつゾロリ 48.4
17 くまモン 47.1
18 Qoo 46.5
19 チョッパーマン 46.2
19 とびだせ どうぶつの森 46.2

(%)

女児(3歳~12歳)
n=299
順位 キャラクター 人気度
1 リラックマ 75.3
2 ミニーマウス 73.2
3 ドラえもん 71.6
4 ミッキーマウス 71.2
5 となりのトトロ 65.9
6 くまのプーさん 63.9
7 ハローキティ 63.2
8 マイメロディ 62.2
9 シナモン(シナモロール) 60.5
10 チップ&デール 59.2
11 おしゃれキャット マリー 58.5
12 スティッチ 57.9
13 Qoo 56.5
14 ジュエルペット 56.2
15 とびだせ どうぶつの森 55.5
16 ちびまる子ちゃん 54.8
17 コアラのマーチ 53.8
18 くまのがっこう 53.5
18 ミッフィー 53.5
20 リトル・マーメイド 52.2


※キャラクター人気度…そのキャラクターを“好き”と答えた人の割合(%)


子供マーケット分析事例 
「携帯電話・PHS・スマホの所有・欲求・関心状況」

子供全体では4人に1人、10~12歳では4割以上がいずれかを所有している

携帯電話・PHS・スマートフォン(以下スマホ)のいずれかを所有している子供は、3~12歳全体でほぼ4人に1人となっている。半年以内の購入予定を含めると約3割に達し、増加を続けている。また、男女とも10~12歳では所有率が4割を超えており、特に10~12歳男児は予定を含めると5割に達することが分かった。

【携帯電話・PHS・スマホ所有・購入予定】

携帯電話・PHS・スマホ所有・購入予定 グラフ

「子供が欲しがっているもの」スマホが増加、携帯は減少傾向。

親の端末買換え状況やコマーシャルによる影響か、携帯電話・PHSを「欲しい」と思う子供は減少傾向にあり、逆にスマホを欲しがる子供が増えている。前回調査時に欲求率が逆転し、その差は拡大している。
また、「親の携帯電話・スマホ・タブレット端末などの機能で遊ぶことがよくある」子供は6割近くに達し、前回調査(2012年12月度)と比べて大幅に伸びている。最近のスマホの普及に伴い、子供たちのモバイル機器、特にスマホへの興味関心が高まっていることがわかる。

【携帯電話・PHS・スマホ欲求率】

(%)

  携帯電話・PHS スマホ
13年6月度 12.9 28.1
12年12月度 19.3 20.7
12年6月度 21.9 16.0

【親の携帯電話・スマホ・タブレット型端末などの機能で遊ぶことがよくある】

(%)

13年6月度 58.1
12年12月度 47.6
12年6月度 43.1

利用している機能は通話がほとんどでメールも8割弱。

携帯電話の機能利用状況では、メール・通話といった基本的な用途が多い。次いで、カメラ・防犯といった補助的な機能が続いている。ゲームアプリなどは親による制御なのか機種制限があるからか、この年代では10%未満にとどまっている。

【携帯電話の機能利用状況】(所有者ベース)

【携帯電話の機能利用状況】(所有者ベース) グラフ


このように、「キャラクターと子供マーケット調査」では、キャラクターの認知・好意だけでなく、テレビ・雑誌の接触状況や日常生活、嗜好特性、商品の使用状況など幅広い内容を扱っています。詳しくはお問い合わせください。

プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ