メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2013年

2013年9月19日

主婦の3割は良“菜”賢母。

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:秋山 創一)は、株式会社ライフスケープマーケティング(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡部 正)と共同で、「主婦の食」に関する実態を分析しましたので、その一部をご報告致します。

首都圏在住の20~64歳主婦の食に関する意識を分析した結果、5タイプの主婦が存在すること、また各タイプが作る夕食メニューについて把握することが出来ました。具体的には以下の通りです。

5タイプの主婦たち

  1. 良菜賢母派(全体の27%)
    調理に対して積極的で、食に関する情報感度が高く、食を通じた健康づくりの意識の高い主婦。
    末子が中高生以上の主婦、または50歳以上夫婦のみで暮らすような年代の高い層の割合が高い。
  2. 調理回避派(全体の20%)
    料理があまり好きではなく、調理に対しても自信がない。食の情報への関心は低い。
    調理をおっくうに感じ、外食を積極的に利用する主婦。50歳未満が8割強で、中高生以下の子供がいる人の割合が高い。
  3. 流行を追う食楽派(全体の22%)
    料理が好きで、食の情報にも関心が高い若い主婦。調理は面倒に感じないが、外食も積極的に利用。 旬の食材を取り入れたメニュー作りを心掛ける。
  4. 悩み多き消極派(全体の15%)
    外食の利用も消極的。健康のために食材を積極的に摂取する意識は高くないが、塩分・糖分・カロリーなどの摂りすぎには注意している。
  5. 高感度ヘルシー派(全体の16%)
    調理に対して積極的で、食の情報への関心が高い内食志向の若い主婦。健康づくりのために食材を積極的に利用する反面、油脂・糖分・カロリーの摂り過ぎは注意していない。

5タイプの主婦ごとの夕食メニューの特徴

  1. 「良菜賢母派」
     → 手作り和食
  2. 「調理回避派」
     → 冷凍食品や料理の素を使った人気メニュー
  3. 「流行を追う食楽派」
     → 料理の素等を活用し、バラエティ豊かに和洋中万遍なく
  4. 「悩み多き消極派」
     → 漬物・惣菜を活用して調理の手間をはぶいた和食
  5. 「高感度ヘルシー派」
     → ボリュームのある洋食と旬の野菜

使用データ:(株)ライフスケープマーケティング 食MAP®(調査主体:(株)ライフスケープマーケティング)
食MAP®とは、首都圏30キロ圏内在住の20~64歳の主婦360世帯を対象に、食品の購買および食卓のデータを365日連続して収集している機械式食卓メニュー調査システムです。

今回は分析結果の一部をご紹介致しました。今後も食に関する生活者情報をご報告して参ります。


プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ