メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2013年

2013年10月8日

中国で人気1位タレントは、
男性:劉徳華(アンディー・ラウ)、女性:范冰冰(ファン・ビンビン)
日本タレントでは、矢野浩二・浜崎あゆみ
~第8回中国版タレントイメージ調査結果まとまる~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、今回で8回目となる中国におけるタレントイメージ調査を実施しました(調査時期は2013年7月)。その調査結果がまとまりましたのでお知らせします。

本調査は、中国における、テレビ番組やCM等のキャスティングの基礎資料としてご利用いただきたく、2004年から行っており、弊社が日本で調査をしている「タレントイメージ調査」(1973年より東京30km圏で毎年2月と8月に実施)の中国版です。本調査では、テレビなどで活躍するタレント・俳優・スポーツ選手など300名以上の知名度・人気度・イメージなどを、中国の北京、上海、広州で調べています。
なお、この調査は、北京にあるCTR市場研究社と共同実施しております。

調査結果より

中華圏タレント(調査タレント224人)

【 男性タレント】

過去7回調査で不動の1位だった成龍(ジャッキー・チェン)が3位に後退し、香港音楽界の「四天王」の一人でもある俳優の劉徳華(アンディー・ラウ)が初めてトップの座についた。四天王のもう一人、歌唱力が最も優れるとされている張学友(ジャッキー・チュン)が前回の7位から2位。

【 女性タレント】

東京国際映画祭で最優秀女優賞を獲得したことのある中国本土出身の女優范冰冰(ファン・ビンビン)が前回の調査(2012年6月)に続き1位。初めて日本武道館でコンサートを行った中国の歌姫王菲(フェイ・ウォン)と、上海を主な活動拠点にしている女優の孫儷(ソン・リー)がそれぞれ前回の6位と7位からトップ3入りを果たした。

日韓タレント(調査タレント84人)

日本のタレントのみで人気度をみると、長年中国本土での俳優活動が評価され、矢野浩二が男性タレントの1位に、女性タレントでは浜崎あゆみが不動のトップ。
韓国のタレントでは、安在旭(アン・ジェウク)、金喜善(キム・ヒソン) 。

北京、上海、広州3都市合計、個人全体での人気度

中国版タレントイメージ調査・男性タレント人気度ベスト10

中国版タレントイメージ調査・女性タレント人気度ベスト10

中国版タレントイメージ調査・男性日本タレント人気度ベスト3

中国版タレントイメージ調査・女性日本タレント人気度ベスト3

中国版タレントイメージ調査・男性韓国タレント人気度ベスト3

中国版タレントイメージ調査・女性韓国タレント人気度ベスト3

※タレント人気度…そのタレントについて“非常に好き” “やや好き”のいずれかに回答した人の割合(%)

最新の結果詳細(人気度上位20)を当社ホームページ内の事例紹介
中国版男性タレント人気度上位20」「中国版女性タレント人気度上位20」に掲載しています。

中国版タレントイメージ調査概要

調査概要です
調査エリア 北京、上海、広州
調査対象 15歳~45歳男女個人
対象者抽出 各都市部の人口比率を反映したエリアサンプリング
有効標本数 合計1,210人
調査時期 2013年7月
調査方法 訪問面接法(iPad携行)
調査実施機関 株式会社ビデオリサーチ
CTR市場研究(北京)   共同実施
調査内容 タレントの人気度、知名度、イメージ評価
消費者のメディア接触、関心広告、ブランド嗜好など

タレント数 合計308人
中華圏タレント224人(男性116人、女性108人)
日韓タレント84人(男性38人、女性46人)

CTR市場研究 会社概要

会社概要です
社名 CTR市場研究(略称、CTR)
代表者 陳若愚 総裁
所在地 北京市西城区徳外大街5号
設立 1995年6月
事業内容
  • 広告統計調査(5媒体)
  • メディア総合調査
  • 消費者パネル調査
  • 各種アドホック調査
  • メディア・マーケティング総合コンサルティング

※テレビ視聴率、ラジオ聴取率調査を専門に行う子会社「CSM」とCTRグループを形成している。


プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ