メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2013年

2013年10月10日

ハロウィンに1万円

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山創一)は、生活者の実態を捉えるための活動の一環として「ハロウィンに関する調査」を実施しましたので、その結果をご紹介します。

近年、「ハロウィン」は仮装パレードなどがニュースで取り上げられることも多く、日本でも定着してきたように感じられます。「ハロウィン」自体の認知率は98.9%で、ほとんどの日本人が知っているイベントです。しかしながら、以下のグラフの通り、知られているのは「ハロウィン」の過ごし方で、それが日本でいう“お盆”にあたる行事であるということまではあまり理解されていないようです。

「ハロウィン」について知っていること(N=全体)

「ハロウィン」について知っていること グラフ


このように、日本人にとっては何の行事であるかが曖昧な「ハロウィン」ですが、3割の人が過去になんらかのイベントをしたことがあり、金額にすると1人あたり約1万円を使っていることがわかりました。

「ハロウィン」のイベントをした経験(N=全体)

「ハロウィン」のイベントをした経験(N=全体) グラフ


実際にしたこと(N=イベント経験者)

実際にしたこと
インテリアなどの飾りつけ 43.1%
テーマパークなどへ行く 37.5%
ホームパーティ 24.8%
カボチャ料理を作る 23.1%
仮装パレードの見学 19.4%
仮装パレードの参加 15.2%
レストランなどでのパーティ 7.3%

今回は、ハロウィンに関する調査を通して、日本人のイベント好きな一面が垣間見える結果となりました。今後、ハロウィン市場はクリスマス・バレンタインに次ぐ人気イベントとして、ますます拡大していきそうです。

「ハロウィンに関する調査」概要

調査概要
対象者 男女15~74歳 1,150人(全国)
手法 インターネット調査
期間 2013年9月27日(金)~29日(日)

プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ