メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2014年

2014年1月14日

「テレビ番組カルテ」まとまる ~報道・情報番組篇~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、年2回「テレビ番組カルテ」調査を実施しています。この度、第70回調査(2013年11月度)がまとまりましたので、その一部をご紹介します。

「テレビ番組カルテ」は、25分以上のレギュラー番組(約280本)に対して、視聴者から見た番組の質を測定したものです。

主に、テレビ視聴者の番組に対する視聴経験・好意度・視聴感(イメージ)・視聴満足度などをまとめた「基本評価」と、出演者・企画内容などの各要素への評価をまとめた「クリエイティブ評価」の2つから構成され、総合的な番組の「質」を把握することが出来ます。

今回は「報道・情報番組」に関する結果の一部をご紹介します。

基本評価から

今回の対象番組のうち、2~3ヶ月間の視聴経験者の割合が10%以上の報道・情報番組45本についてみると、番組好感度(番組視聴経験者の中でその番組に好意を持った人の割合)が70%以上のスコアを獲得した番組は14本、継続視聴意向(番組視聴経験者の中でその番組を継続して見ようと思う人の割合)のスコアを70%以上獲得した番組は20本という結果でした。

クリエイティブ評価から
~下記評価項目ごとに最もスコアの高かった番組とそのスコア~

  • 「内容に信頼がもてる」という評価では「ニュースウォッチ9」(46.2%)
  • 「番組の雰囲気が自由」は「スッキリ!!」(22.9%)
  • 「社会性のある問題を取り上げることが多い」は「報道ステーション」(29.9%)
  • 「問題の掘り下げが深い」は「報道特集」(11.3%)
  • 「取材力がある」は「ワールドビジネスサテライト」(19.1%)
  • 「タイムリーな企画が多い」は「Mr.サンデー」(36.9%)

『テレビ番組カルテ』の概要

1979年より、東京駅を中心とした30km圏で満13~69歳男女を対象に年2回の調査を実施しており、番組の現状分析や今後の企画に活用する事を目的として、個別番組ごとの質的評価を測定しております。


プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ