メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2014年

2014年5月16日

業界初!全国ローカルラジオ聴取状況レポート
『J-RADIO』発刊!
~沖縄県は日本一のラジオ王国~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、全国のローカルラジオ聴取状況などをまとめたJ-RADIO「全国ローカルラジオ聴取状況レポート」を発刊いたしました。<以下、“J-RADIO”(ジェイラジオ)と表記>

現在、当社では首都圏・関西圏・中京圏の3大都市圏でラジオ個人聴取率調査を実施しておりますが、この度発刊する“J-RADIO”では、その聴取率とは異なる簡易的なアプローチで全国における生活者のラジオ聴取状況を把握いたしました。

ラジオメディアにおける全国同一フレームでの聴取状況調査は業界初で、ラジオの価値を新たな軸で明らかにします。レポートは、各県ごとのAM局FM局(コミュニティFM除く)の聴取状況をご確認いただけるよう、県別での発刊といたします。

今後は、ラジオ個人聴取率データと共にラジオの価値を示すデータとして、是非ご活用ください。

調査概要

調査概要
調査内容 日頃のラジオを聞く時間帯 <「ラジオ聴取習慣率」>
測定単位 月~日の曜日別の毎60分
調査対象局 各県別の民放AM局、民放FM局、NHK第1、NHK-FM

調査は、J-READ(全国新聞総合調査)の付帯調査として実施

【J-READ調査概要】

J-READ(全国新聞総合調査)調査概要
調査地区 全国47都道府県
調査対象者 調査時に満15歳~69歳の男女個人
有効標本数 合計28,826人
各都道府県の人口規模に応じて6タイプのサンプルサイズを設定
※最大1,384人(東京都)
標本抽出法

調査エリアごとのRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)により調査対象者を抽出し、調査協力を依頼

※RDD…電話番号を無作為に発番させ自動的にダイヤルし調査をする手法
調査方法 調査協力の応諾が得られた対象者に対し、自記入式調査票を郵送
記入期間終了後、郵送にて調査票を返送してもらう
調査時期 2013年10月

今回の調査結果の一部を以下にご紹介いたします。

<データトピックス

(1)日本で最もラジオを聞く習慣がある県は『沖縄県』!
沖縄県以外では、鹿児島県や東北の各県などでもラジオの聴取習慣が強く、地元の生活に根付いたローカルラジオの姿が見えてきます。

【県別6-24時(週平均) 全局計ラジオ聴取習慣率】

県別6-24時(週平均) 全局計ラジオ聴取習慣率
1位 沖縄県 11.5%
2位 岩手県 10.1%
3位 山形県 9.2%
4位 長野県 9.0%
5位 北海道 8.9%
5位 宮城県 8.9%
5位 鹿児島県 8.9%

※ラジオ聴取習慣率とは…日頃ラジオを聞く人の割合(局別、60分単位)

(2)聴取習慣率トップの『沖縄県』では、最もラジオを聴いているのは働き盛りの35~49歳男性でした。

聴取習慣率 性年代別グラフ

(3)『沖縄県』で最もラジオが聞かれている時間帯は、平日の7時台(平日平均 21.3%)となっており、朝の身支度~通勤時間のお供にラジオが聞かれている様子がうかがえます。

『沖縄県』でラジオが聞かれている時間帯グラフ

プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ