メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2014年

2014年9月19日

ビデオリサーチ「Twitter TV指標(サービス名;Twitter TV エコー)」の提供を開始
― 1日のインプレッションユーザー数は約700万 ―

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:秋山 創一、以下ビデオリサーチ)は、米Twitter社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ディック・コストロ)と共同で開発に取り組んでいた、Twitter上でのテレビ番組への反応を測る「Twitter TV 指標」について、サービス名称を「Twitter TV エコー」とし提供を開始いたします。

「Twitter TV エコー」は、これまで投稿数でしか把握ができなかったTwitterの拡がりを、初めて到達数で明らかにすることが可能となりました。 

「Twitter TV エコー」では、ツイートが表示された総量を「インプレッション」と呼び、番組に関するツイートの拡散の度合いを把握することができます。「インプレッション」は延べ回数のため、少ない人数で大量のツイートが交歓されているものと、少ない投稿が多くの人に読まれている状況を区別することができません。そのため、「インプレッション」でツイートが表示された人数によっても拡散を評価できるように、「インプレッションユーザー数」をご提供します。

テレビとソーシャルメディアの関係性をインプレッションという到達視点を取り入れて明らかにし、テレビメディアの評価を多角的に捉える共通指標のひとつとして活用いただけるものを目指しています。

「世界の果てまでイッテQ!」のインプレッションユーザー数は、投稿ユーザー数の71倍

「Twitter TV エコー」 9月8日(月)~14日(日)の結果は以下となります。

<1日単位>

  • ツイート投稿ユーザー数:約25万 … ツイートを投稿した人数
  • 総ツイート投稿数:約60万 … 投稿されたツイートの総量
  • インプレッションユーザー数:約700万 … ツイートが表示された人数
  • インプレッション数:約7,900万 … ツイートが表示された総量

<インプレッションユーザー数上位番組>

インプ
レッション
ユーザー数
投稿
ユーザー数
(比率) 番組名 放送局 日付 放送開始
約215万 約6.6万 33倍 ミュージックステーション テレビ朝日 9/12(金) 20:00~
約207万 約2.9万 71倍 世界の果てまでイッテQ!秋の梨汁珍獣祭り 日本テレビ 9/14(日) 19:00~
約179万 約4.7万 38倍 ワイド!スクランブル・第1部 テレビ朝日 9/9(火) 10:30~
約156万 約5.3万 29倍 ノンストップ! フジテレビ 9/9(火) 9:50~
約153万 約3.9万 39倍 Nスタ・第2部 TBS 9/9(火) 17:50~

インプレッションユーザー数が最も多かったのは「ミュージックステーション」で約215万でした。出演者自らがツイートを投稿するなど、積極的な活用が見られました。

「世界の果てまでイッテQ!秋の梨汁珍獣祭り」は、ツイート投稿ユーザー数が約2.9万に対し、インプレッションユーザー数は約207万あり、207万÷2.9万の71倍と拡散の大きさに特色がありました。
インプレッションの拡大には、放送局やタレントの公式アカウントが寄与していることも明らかになってきています。今後、インフルエンサーとも言われるフォロワーの多いユーザーの効果的な投稿行動の検討などにも応用できると期待されます。

なお、「ワイド!スクランブル・第1部」「ノンストップ!」「Nスタ・第2部」は、放送当日の朝行われた錦織圭選手の全米オープンテニス決勝戦に言及するツイートが多かったことによるものです。

ツイートの取得にはハッシュタグとキーワードの両者を用いています。キーワードの設定は、皆様に広くご利用いただける共通指標として公平性が保たれるよう、独自のアルゴリズムを開発し自動化しています。その日の放送内容に連動して、番組固有の「特徴ワード」が設定されます。この手法により、番組に関連するツイートを正確かつ網羅的に取得することが可能となりました。

[提供開始日]

  • 本日より、弊社ホームページにおいて「インプレッションユーザー数TOP5番組」を毎日公開いたします。
  • 9月29日(月)データより、正式契約を開始いたします。

 

プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ