メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2014年

2014年10月14日

タイムシフト視聴動向 ~2014年7~9月データのご紹介~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、近年のテレビ視聴動向の変化を捉え、番組の視聴実態を把握する為、録画番組の再生視聴(タイムシフト視聴)についての研究を進めてきました。

これまで測定技術開発から集計方法などの研究を重ねながら、2013年10月より関東地区の視聴率調査仕様に準じたタイムシフト調査を開始し、2014年7月14日に調査データの一部(2014年4~6月にてタイムシフト視聴が多い番組とそれらの再生率について)を公表致しました。

今回は、2014年7~9月に放送された番組に関してのデータの一部をご紹介致します。

今後はデータ提供開始を2015年1月に予定しております。データのご提供開始に向けて準備を進めてまいります。

調査概要:関東地区視聴率調査(PM)と同様の調査仕様<別サンプルでの調査実施>

調査エリア 関東地区視聴率調査(PM)と同一エリア
調査対象 上記エリアに居住する「自家用テレビ」を所有する世帯及び世帯内に居住する4才以上の家族全員 
*そのうちタイムシフト視聴可能世帯は約78%
調査概要
サンプリング 国勢調査の統計情報をもとに、無作為一段系統抽出により「基準世帯」を抽出。
調査対象数 300世帯(約800人) 
*世帯内個人数はローテーション等により日々変動致します。
調査方法 音声フィンガープリントによる機械式(PM)調査

主な調査結果

2014年7~9月(2014年6月30日(月)~2014年9月28日(日))でのタイムシフト視聴(放送日に加え、翌日から7日内の番組再生視聴)が多い番組一覧


プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ