メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2016年

2016年1月5日

2016年お正月三ヶ日のテレビCM動向
出演CM本数 トップタレントはDAIGO
企業トップはソフトバンク
『テレビCM速報』(「テレビ広告統計」超速報サービス)集計結果より

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、この度、関東・関西・名古屋の各民放5局を対象にテレビCMのオンエア状況を調査している「テレビ広告統計」データより、2016年1月1日~3日の間に関東地区でオンエアされたテレビCM動向を取りまとめましたのでご紹介します。

集計結果より

タレント別出演CM本数

1位 DAIGO
2位 広瀬 すず
3位 小泉 今日子

企業別CM本数

1位 ソフトバンク
2位 スズキ
3位 ダイハツ工業

商品・サービス別CM本数

1位 ソフトバンク(企業CM)
2位 Cygames グランブルーファンタジー
3位 エレックスワイヤレス クラッシュオブキングス

※テレビ広告統計・・・
ビデオリサーチのグループ会社である株式会社ビデオリサーチコムハウスが、『いつ』『どこで』『どんな』CMが放送されたのかをシステム的に収集し、独自の基準によって取りまとめた国内最大のテレビCMに関するデータベースです。
データの提供は、ビデオリサーチから為され、ユーザニーズに応じて、月報(翌月)、週報(二週後)、テレビCM速報(オンエア翌日)など様々なタイミングで関連業界にてご活用いただいております。


株式会社ビデオリサーチのグループ会社で、日本最大のCMデータバンク。1969年の創設以来、CMデータをさまざまな角度から収集・分類・分析し、テレビ広告統計のシステム化に取り組んでいます。


2016年1月1日~1月3日 テレビCM動向一覧

タレント別テレビCM出演本数

順位 タレント名 本数 秒数 主な出演銘柄
1 DAIGO 374 5,610 ユーキャン(通信講座案内)/ダイハツ Tanto/
カプコン 3DS モンスターハンタークロス 他
2 広瀬 すず 281 7,080 ソフトバンク/東京ガス/富士フイルム 他
3 小泉 今日子 258 4,155 ソフトバンク
4 加藤 ローサ 247 3,705 ダイハツ Tanto 他
5 上戸 彩 228 3,570

ソフトバンク/AOKI/
VISAインターナショナル VISAデビットカード 他

6 玉山 鉄二 194 2,970

みずほ銀行/日本経済新聞/

ダイハツ ウェイク 他

7 城島 茂 186 2,790 エレックスワイヤレス クラッシュオブキングス
8 あき 竹城 179 2,685 エレックスワイヤレス クラッシュオブキングス
9 菅田 将暉 176 3,615

Cygames グランブルーファンタジー/

ケイディーディーアイ 他

10 ももいろクローバーZ 155 2,325 スズキ ハスラー 他
11 Dante Carver 150 2,400 ソフトバンク
11 樋口 可南子 150 2,400 ソフトバンク
13 武井 咲 139 2,370 イオン/青山商事(洋服の青山案内)/
第一生命 保険製品
14 阿部 寛 134 2,655 三菱東京UFJ銀行/トヨタ プリウス 他
15 桜井 日奈子 132 2,070 コロプラ 白猫プロジェクト/大東建託
16 西田 敏行 129 1,950 SMBC日興証券/眼鏡市場/三井住友銀行 他
17 劇団ひとり 128 1,950 ユ-キャン(通信講座案内)/
HJホールディングス Hulu
18 黒島 結菜 119 1,845 みずほ銀行/クラレ
18 ローラ 119 1,800 ユ-キャン(通信講座案内)/ディーエヌエー 他
20 柴咲 コウ 114 1,935 ハーゲンダッツジャパン ハーゲンダッツ カップ 他
  • 今年の正月三ヶ日では、企業数で569社(2015年:566社)、CM本数で12,042本(2015年:11,789本)のテレビCMが関東地区でオンエアされましたが(いずれも速報値、番組宣伝CM等テレビ局のPRは除く)、これをそのCMに出演しているタレント別にみると、出演テレビCM本数が最も多かったタレントは、『DAIGO』で、「ユーキャン」や「ダイハツ工業」のCMでの出演が目立ちました。
  • 2位は「ソフトバンク」や「東京ガス」のCMへの出演が目立った『広瀬 すず』、3位は「ソフトバンク」のCMへの出演が目立った『小泉 今日子』となっています。
  • 今回の上位3名については、2015年の年始では圏外でしたが、本年の年始では大幅に出演CMの本数が増加しています。
  • また、『上戸 彩』『玉山 鉄二』『武井 咲』『ローラ』の4名は昨年も上位20位にランクインしており、本年も継続して出演本数が多くなっています。

企業別テレビCM本数

順位 広告主名 本数 秒数
1 ソフトバンク 301 4,860
2 スズキ 280 4,200
3 ダイハツ工業 249 3,735
4 Cygames 203 3,075
5 エレックスワイヤレス 186 2,790
6 日産自動車 169 3,195
7 本田技研 168 2,520
8 スクウェアエニックス 164 2,460
9 コロプラ 154 2,400
10 バンダイナムコエンターテインメント 151 2,265
  • 企業別では、昨年同時期からオンエア数を増やした『ソフトバンク』が1位となりました。
  • 2位には『スズキ』がランクイン。また3位には昨年同時期は5位だった『ダイハツ工業』が順位を上げランクインしています。
  • 他には4位に『Cygames』、5位には昨年この時期には出稿が無かった『エレックスワイヤレス』がランクインしており、自動車メーカーとオンラインゲームアプリを扱う企業の出稿が目立っています。

商品・サービス別テレビCM本数

順位 銘柄名 本数 秒数
1 ソフトバンク 301 4,860
2 Cygames グランブルーファンタジー 203 3,075
3 エレックスワイヤレス クラッシュオブキングス 186 2,790
4 ユーキャン 110 1,650
5 サムザップ 戦国炎舞 KIZNA 109 1,725
6 東京ガス 101 3,300
7 住宅情報館 98 1,470
8 ハーゲンダッツジャパン ハーゲンダッツ カップ 95 1,440
9 三菱東京UFJ銀行 92 1,890
10 ゼリア新薬 ヘパリーゼW 90 1,350

※商品・サービス分類についてはビデオリサーチ独自の基準に従い集計しています。

  • 商品・サービス別では、企業別でもトップだった『ソフトバンク』のCMが301本でトップ。次いで2位には『Cygames グランブル-ファンタジ-』(203本)が、3位に『エレックスワイヤレス クラッシュオブキングス』(186本)となっています。
  • また、5位に『サムザップ 戦国炎舞 KIZNA』が入るなど商品・サービス別に見てもオンラインゲームアプリのCMの出稿が目立っています。

集計対象局:関東5局(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)
集計対象期間:2016年1月1日午前0時~月4日午前0時未満までのオンエアCMを対象
※確定前の速報データによる集計結果ですので、参考値であることをご了承ください。

『テレビCM速報』とは

『テレビCM速報』は、テレビCM広告統計の日報サービスです。データオープンは最速で放送日翌日10:00頃のタイミングでご提供します(2016年1月現在)。また、データはより手軽にご利用いただけるよう、指定銘柄(商品・サービス等) 単位でのご提供としております。

オンエア翌日に出稿状況が確認できるという特長により、キャンペーン開始直後の出稿時点レベルでのGRP管理、さらには競合社・競合ブランドの動きを出稿量(到達量)含めて、いち早く把握することが可能となります。


プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ