メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2016年

2016年4月18日

クロスプラットフォーム時代を見据えた
テレビCM/動画広告クリエイティブのワンストップ評価サービスを開始
~ 2016年4月「クリエイティブカルテ」リリース~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:秋山 創一、以下ビデオリサーチ)は、来るべきクロスプラットフォーム時代を見据えて、テレビCM/動画広告クリエイティブ評価についての多用なニーズにワンストップで応える『クリエイティブカルテ』を新たに開発し、本日より提供を開始いたします。

<サービス概要>

従来のテレビCMクリエイティブ評価調査は、目的毎に複数調査を使い分けるケースが主流でした。複数調査併用による調査管理の手間とコストの軽減はマーケターの積年の課題でした。

これら従来型調査は急速に進む昨今のデジタル化・視聴の分散化(フラグメンテーション)の趨勢にも対応しきれておりません。テレビとネットなど複数の認知経路を統合して把握したい、という要請も日増しに強くなっております。

そこで、弊社ではこれら多用なニーズにワンストップで応えることが可能なサービスとして『クリエイティブカルテ』をご提供させていただきます。デジタル対応支援と調査管理コスト軽減、この両面からマーケターのクリエイティブ実務に即活用していただくべく、サービス提供を開始します。

<サービスの特徴>

  1. テレビCM/オンライン動画広告の「動画での評価」かつ「他社比較」も両立
  2. 申込~納品まで1週間なので、Web広告の追加出稿など出稿期中の迅速な施策修正の一助に
  3. 広告認知経路も把握することで、クロスプラットフォームでの効果を把握。
    デジタルや交通なども含めた統合的マーケティングコミュニケーションの施策改善の要に
  4. BIツール(タブロー)納品なので、データ蓄積が容易
  5. 契約クリエイターによる実務的・具体的な改善示唆でクリエイティブのデータドリブン化の実現(オプション対応)

クリエイティブカルテのPDCAサイクルへのビルトインイメージ

クリエイティブカルテのPDCAサイクルへのビルトインイメージ

「クリエイティブカルテ」と他の調査手法との比較表

  クリエイティブ
カルテ
一般的な
Web調査
一般的な
会場調査(CLT)
動画での評価
競合比較
相乗による単価抑制 × ×
実査時期の自由度
キャンペーン期中速報
広告認知効率 × ×
広告認知経路

 

<「クリエイティブカルテ」調査概要>

調査単位 年間約100回
(毎週2回(①毎週火曜、②毎週金曜))
発行日程 年間約100回
(①翌週月曜、②翌週木曜にそれぞれリリース)
調査期間 ①②とも各3日間
調査地域 関東1都6県
(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県)
調査対象者 調査時に満15歳~69歳の男女個人
目標有効標本数 540人
標本抽出法 インターネットリサーチパネルより、無作為にメール送信し、調査を依頼。性年代均等割付けしたサンプルを住民基本台帳の性・年齢構成に従いウェイト集計
調査方法 インターネット調査

プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ