メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2016年

2016年8月10日

リオデジャネイロオリンピック開会式を
日本全国で推計約4,230万人が視聴
~ビデオリサーチ、『テレビ視聴率調査』と『VR CUBIC』から
全国の「トータルオーディエンス」を推計~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:加藤 讓、以下ビデオリサーチ)は、リオデジャネイロオリンピック開会式のテレビ番組、及びインターネットの関連サイトに対する日本全国における「トータルオーディエンス(※)」を初めて推計しましたのでお知らせいたします。

(※)「トータルオーディエンス」とは…
コンテンツや情報の価値を捉えるため、あらゆる伝送路・デバイス・形態での総接触者数を表したもの。

今回は、国内27地区において機械式でテレビ視聴状況を測定する『テレビ視聴率調査』データと、テレビとインターネットの接触をシングルソースパネルで機械式に測定する『VR CUBIC』データを用いて、リオデジャネイロオリンピック開会式について、テレビ番組及びインターネット関連サイトのいずれかに接触した個人全体(4才以上)の人数を推計しました。

<今回の算出方法>

機械式世帯視聴率調査地区27地区(自主調査地区)VR CUBICによるトータルオーディエンスのグラフ

※『VR CUBIC』のテレビとインターネットの重複関係から推計

地上波、BSで放送された開会式・ハイライト番組をリアルタイムで10分以上視聴した人は3,865万人

地上波、BSで放送された開会式・ハイライト番組をタイムシフトで10分以上再生した人は144万人

オリンピック関連のサイトで情報接触した人は641万人、さらにその内訳は、パソコンでの接触が549万人、スマートデバイスでの接触が100万人

今回、リオデジャネイロオリンピック開会式を題材に、『テレビ視聴率調査』とテレビとインターネット利用の関係を捉えられるシングルソース調査『VR CUBIC』の2つのデータを組み合わせることにより、「トータルオーディエンス」を推計し、その国民的な関心度を表すことを試みました。

なお、今回の推計は速報性を重視し、現時点で活用できる弊社既存データを対象に算出したものになります。今後、推計精度の向上に向け、さらに研究を進めてまいります。

<今回、対象としたテレビ番組>

8/6(土)に地上波、BSで放送された開会式・デイリーハイライトのテレビ番組視聴

  • NHKEテレ 7:30~73分
    「リオデジャネイロオリンピック・開会式」
  • NHK総合 8:43~197分
    「リオデジャネイロオリンピック・開会式」
  • テレビ朝日系列 11:30~150分
    「リオデジャネイロオリンピック2016開会式ハイライト」
  • NHK総合 19:30~75分
    「リオデジャネイロオリンピックデイリーハイライト」
  • NHK-BS1 18:00~195分
    「リオデジャネイロオリンピック・開会式(録画)」

※各番組10分以上の視聴をテレビ視聴と定義して視聴人数を推計しています。

※タイムシフトについては、上記5番組の8/6(土)~29:00までの再生を対象としました。

<今回、対象としたインターネットサイト及びアプリ>

8/6(土)5:00~29:00におけるオリンピック関連サイト・アプリ

(ブラウザ経由によるサイト接触)

  • 民放テレビ オリンピック公式動画サイト gorin.jp
  • NHK リオオリンピック特設サイト
  • 日本テレビ リオオリンピック特設サイト
  • テレビ朝日 リオオリンピック特設サイト
  • TBS リオオリンピック特設サイト
  • テレビ東京 リオオリンピック特設サイト
  • フジテレビ リオオリンピック特設サイト
  • Yahoo! リオオリンピック特設サイト

(アプリ稼動の捕捉)

  • リオオリンピック民放公式アプリ gorin.jp
  • NHKスポーツ

VR CUBICとは

『VR CUBIC』は、近年のメディア環境の変化により生じている、

  • 生活者の多様化
  • 各種デバイスの登場によるメディア接触の複雑化
  • コンテンツ視聴形態の多様化

のそれぞれに対応するため、シングルソースでテレビ/ネットの接触を機械式で測定するサービスです。

テレビ×ネットの関係を把握する VR CUBIC

テレビ・パソコン・スマートデバイス(スマートフォン/タブレット)の接触状況を実測で測定することで、各メディアの到達や重なり、メディア接触者のサイト接触行動を確認するだけでなく、実際のコンテンツ接触者の詳細なプロフィールを明らかにするなど、「テレビ×ネット」の関係性を把握するためのマーケティングデータとしてご活用いただけます。

プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ