メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2016年

2016年8月26日

関東地区テレビ視聴率調査の仕様変更について
~ サンプル拡張とタイムシフト測定 ~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:加藤 讓、以下ビデオリサーチ)は、 この度、関東地区テレビ視聴率調査の仕様を10月から下記の通り変更して実施することになりましたので、お知らせいたします。

<Point>

  1. 2016年10月3日(月)から、関東地区視聴率調査世帯数を900世帯に拡張
  2. 900世帯に拡張された関東地区視聴率調査において、タイムシフト測定を実施

ビデオリサーチは、2015年12月8日・9日に開催したVRフォーラムで『ビデオリサーチが描く〝これからの視聴率〟』として、今後の視聴率調査の対応計画についてご紹介した通り、生活者(視聴者)の多様化、デジタル化による視聴形態の変化から生じている〝テレビ視聴の分散化〟に対し、視聴者の実態をより詳細に捉えたメディアデータを提供するために、10月3日(月)より関東地区テレビ視聴率調査の仕様の変更をいたします。

2013年9月30日より実施してきました「タイムシフト視聴調査」(関東地区視聴率調査の仕様設計に準じて設定した300世帯)を現在の視聴率調査600世帯に統合し900世帯を形成します。
また、900世帯全てにおいて、視聴率調査と同時にタイムシフト視聴測定にも対応できるセンサーを配備し、900世帯内でのタイムシフト視聴測定を実現いたします。
今後も拡張された関東地区視聴率調査をもとに、これからのテレビメディアデータのあり方やデータ提供内容について引き続き検討を進めていきます。

また、スマートデバイスによるテレビ視聴の測定についても準備を開始いたします。
2016年10月から、試験的に実態を把握する取り組みを開始し、これからのテレビメディアデータの研究として、テレビ視聴測定範囲の拡大およびデータ提供のあり方などについても検討してまいります。

プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ