メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2017年

2017年6月23日

プログラマティックって、なに?
テレビとメディアを応援する雑誌 「Synapse(シナプス)」第14号発刊

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、この度、雑誌『Synapse(シナプス)』 第14号を発刊いたしましたのでお知らせします。

巻頭インタビューではサイバーエージェントの藤田社長に、開局1周年を迎えた「AbemaTV」の手応えとテレビへの提言を、また同じく昨年ローンチされたDAZNの水野さんにはOTTサービスの現状とこれからを語っていただきました。

今号の特集のテーマは「プログラマティックって、なに?」です。ネット広告の世界で注目を集めるプログラマティック広告。ここで使われる技術や考え方は放送の世界にも入ってくるのか?プログラマティックの今を探るため、実際にプログラマティック広告に取り組まれている海外の放送局・広告会社の方、そして日本の広告会社の方にお話をおうかがいしました。ぜひ一読ください。

また、以下公式サイトから一部コンテンツの立ち読みが可能ですので、是非ご覧ください。
http://www.videor.co.jp/synapse/

Synapse(シナプス)詳細

Synapse 表紙イメージ

  • 販売価格:年間3,800円
  • 季刊誌/年4号発行。税・送料込み。
    (1冊の定価980円 本体907円+税)
  • 発刊月:3月、6月、9月、12月
  • ご購入に関しては、弊社WEBサイト、 もしくはFAXでのお申し込みをお願いします。
    http://www.videor.co.jp/synapse/
  • Amazonでも販売中
    ※Newsstand(ニューススタンド)でも配信中

<目次>

  • 巻頭インタビュー①

    サイバーエージェント代表取締役社長 藤田 晋
    『AbemaTV』のこれから。1周年を迎えて思うこと

  • 巻頭インタビュー②

    DAZN コンテンツ制作 本部長 水野 重理
    配信側&受信側の技術力アップにより、加速度的に変わり始めた動画視聴スタイル

  • 第1特集「プログラマティックって、なに?」

    CNN グレゴリー・バイチマン
    Videology 城西 將恒
    株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 河村 徹生

  • 第2特集「Challenge to THE NEW VALUE of TV」

    電通 春田 英明 / 松山 宏之 / 古川 裕子
    HTB 柴田 遼
    HTB 代表取締役社長 樋泉 実

  • <定例コーナー>

    時代の風~異業種に学ぶ~ 大角 暢之 / RPAテクノロジーズ
    未来予想図2020 中島 健登 / 360Channel
    私のつくり方 本田 哲也 / ブルーカレント・ジャパン
    I Love RADIO やきそば かおる
    鈴木おさむのWHAT'S ON TV?
     「『裏』世帯視聴率 ネットでの評価、配信率が、
      番組の評価につながりつつある」

(敬称略)

プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ