メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

視聴率データ

視聴率データ

視聴率調査について(視聴率ハンドブック)

7標本誤差

考慮すべき誤差があります

視聴率調査は、国や自治体、マスコミなどが実施する世論調査と同様に、統計理論に基づいた標本調査です。
標本調査から得られる視聴率は、標本誤差(=統計上の誤差)を伴います。
考慮すべき誤差の大きさは視聴率と標本数によって異なります。


標本誤差のグラフ


世帯視聴率 標本数600 標本数200
5%・95% ±1.8% ±3.1%
10%・90% 2.4 4.2
20%・80% 3.3 5.7
30%・70% 3.7 6.5
40%・60% 4.0 6.9
50% 4.1 7.1

標本誤差は図のような正規分布を描きます。標本数600の場合、信頼度95%(100回中95回はこの幅に収まる)で考えると、視聴率が10%での、考慮すべき標本誤差は±2.4%です。また、真の値は調査結果である10%の近くに多くあることを意味します。例えば標本誤差を半分の±1.2%にするための標本数は、4倍の2,400が必要です。


視聴率ハンドブック一覧へ戻る

ページトップへ