メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

研修制度/VR塾(必修講座)

教育プログラム「VR塾」

必修講座(基本の確実な習得)

選択講座はこちら

「リサーチ企業の社員として必須の基本」、そして「VR社員として押さえるべき基本」について学ぶ必修となる5つの講座です。理解度を確認するテストの実施や履修合格基準を設けるなど、必要な知識の確実な習得を目的としています。

講座の感想はこちらからご覧いただけます



1.基礎統計
講師:事業開発局社員
講義内容
VR社員として必須である統計の基礎を学びます。調査データの解釈や報告書を作成する時に必要な基礎知識について学習し、その意味や使い方を演習によって習得します。
2.市場調査の実務 (定量調査とネットリサーチ)
講師:調査業務局 定量調査部社員/ネットリサーチ部社員
《定量調査編》 《ネットリサーチ編》
講義内容
フィールドワーク管理業務を調査手法別に工程を解説し、作業現場で起こっている「生の声」を中心に各調査手法の注意点と課題を理解します。 Web上での調査について紹介し、今後の課題など実践的な内容について学びます。
3.マーケティング総論
講師:事業開発局社員
講義内容
マーケティングの全般的な理解と、それに基づいて行われるマーケティング・プランニングの概要を体得することを目標とします。
4.市場調査概論
講師:調査業務局調査分析部社員
講義内容
受注調査を企画・実施していくうえでの基本知識を習得。簡単な演習によって、そのエッセンスを体験します。
5.テレビ視聴率調査・基礎編
講師:テレビ事業局 テレビ調査部社員/数理統計部社員
   技術調査局メータ技術管理部社員/IT開発局システム開発部社員
講義内容
テレビ視聴率調査の流れに沿って講義を行ない、視聴率調査と視聴率についての基本的な知識の整理を行ないます。

テレビ視聴率調査・基礎編の様子

統計学の理論に基づき、視聴率データの確かさを検証するワークです。
1700万個のビーズから600個を抜き出して、紅白それぞれのビーズの数を数えています。
これは、関東地区での自家用据え置き型テレビの所有世帯(2008年当時)で10%の視聴状況をビーズに見立て、無作為に抽出した600個の内訳も全体を正しく反映しているかどうかを検証するものです。


ページトップへ