メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

セミナー情報

第18回 コミュニケーションセミナー

講演終了
2012年1月30日(月) 14:00~17:20
(受付開始 13:45、15:00、16:10)


プログラム

ビデオリサーチでは、貴社のマーケティングまたは広告コミュニケーションの業務で発生する課題解決のご提案を行うべく、プレゼンテーションセミナーを2010年7月より開催しております。


本セミナーでは、マーケティング・広告業務を進めていく各プロセスにおいて、当社データサービスによる具体的な分析事例をご紹介させていただきながら、ご説明させていただきます。

ご紹介します情報が、皆様の業務のお役に立てれば幸いです。

※1月30日(月)開催分は終了いたしました。多数の御申込をいただき、ありがとうございました。


「ACRから見る生活者の変化(仮題)」(0130-1)

14:00~15:00

ACRは1976年(前身のTMARは1972年)から調査が開始され、毎年、その年ごとの生活者の顔を映し続けてきました。

毎年一回、調査員訪問による質問紙留置法にて調査が継続されており、市場をダイレクトに表したデータとしてご利用いただいております。

今回は「生活者の変化」を切り口として、生活者の生活意識、商品関与、メディア接触等がどのように変わってきているのかを、過去データなども盛り込みながら分析していきます。


途中休憩 10分

「『消費潮流2012』~2012年は"共創型生活者の時代"へ~」(0130-2)

15:10~16:10

2011年の話題注目商品のランキングとともにヒットのポイントを解説し、2012年への消費潮流を提言します。

東日本大震災を経て、生活者が「日本の未来像」に関与していこうという当事者意識を強めつつある2012年を表すキーワードを「共創型生活者の時代」とし、 共創型生活者に対するマーケティングアプローチの可能性を探ります。

※当プログラムは、電通総研様をお招きして講演いただきます。ご説明いたします。


途中休憩 10分

「VRデータから2011年を振り返る」(0130-3)

16:20~17:20

2011年は、世界はもとより、日本にとっても「激動の年」であったと思います。

本講演では、2011年に起きた様々な出来事に対し、生活者はどのような反応・行動を取っていたのかを弊社調査データより振り返ります。



開催概要

開催日時 2012年1月30日(月) 14:00~17:20 (受付開始 13:45、15:00、16:10)
会場 株式会社ビデオリサーチ 本社内
東京都千代田区三番町6-17 地図表示(別ウィンドウで開きます)
東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線 九段下駅 2番出口 徒歩8分
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅 5番出口 徒歩9分
JR線 市ヶ谷駅 徒歩13分
対象となる方 生活者の生活意識、商品関与、メディア接触等の変化に関心のある企業の方
2011年のヒット商品や2012年の展望について関心のある企業の方
VRデータを用いて、2011年のおさらいをしておきたい企業の方
定員 各回 40名
参加費用 無料
お申込方法 1月30日(月)開催分は終了いたしました。
多数の御申込をいただき、ありがとうございました。
ご注意 プログラムの内容は一部変更となる場合がございます。
本セミナーは定員制です。予定数となりました場合、お申し込みを締め切らせていただきます。
セミナーの企画特性上、企業のマーケティングまたは広告関連業務に携われている方を対象としております。
※お申込確定につきましては、後日Eメールにて受講票をお送りいたします。
お問合せ先 株式会社ビデオリサーチ セミナー運営事務局(担当:小柳)
TEL:03(5860)1740
お電話でのお問合せ時間:平日9:30-12:00、13:00-17:30
e-mail:vr-seminar@videor.co.jp


セミナーを申込む
◆お申し込みについて
  • 受付フォームが立ち上がりますので、必要事項を入力ください。
  • お申込にあたっては、弊社にて確認次第ご連絡いたしますが、お時間をいただくことがある旨予めご了承ください。

セミナー一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ