メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

セミナー情報

第63回 コミュニケーションセミナー

講演終了
2016年11月7日(月) 15:30~17:20
(受付開始 15:00、16:20)


プログラム

ビデオリサーチでは、貴社のマーケティングまたは広告コミュニケーションの業務で発生する課題解決のご提案を行うべく、プレゼンテーションセミナーを定期実施させて頂いております。

ご紹介します情報が皆様の業務のお役に立てれば幸いです。
是非ご参加をご検討頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

※なお、本セミナー企画は、今後も定期的に実施していく予定です。

※11月7日(月)開催分は終了いたしました。多数の御申込をいただき、ありがとうございました。

15:30~16:20
ブランド評価を効果的に高めるテレビCMとは?
~最近5年間のデータによるブランド評価を高めるクリエイティブ要因の傾向~(1107-1)

近年では、広告支出に対する社内説明・顧客説明の要求がより強くなり、広告の短期的売上への貢献が求められるようになっていますが、一方で、持続的な売上を支えるためにブランド育成の観点も外せません。

本プログラムではテレビCMとブランド評価の関係性に注目し、どのようなクリエイティブにすればブランド評価を高めるのに効果的か、といった「CMのブランド評価への貢献」を明らかにしていきます。

登壇者
  • 株式会社ビデオリサーチ マーケティング事業推進局
    企画開発部  宮田 正晃

16:30~17:20
メディアミックスでのリーチ&フリークエンシー事例紹介
~媒体計画をサポートするR&F++~(1107-2)

広告プランニングにおいての、「広告キャンペーンのためのメディアミックス・プランを作成したい」「前回の広告プランを改善したい」「現在取引している広告プランの管理指標が欲しい」といったようなさまざまな課題やお悩みに対して、弊社システム「R&F++」はターゲットに適したメディアプランの策定を支援します。

この10月に、
 1)インターネットを含めた推定が可能に、
 2)豊富な任意ターゲットの推定が可能に、
 3)VR-CIPでのご提供、
の3つの機能を追加しました。
これらを軸にメディアプランニング方法についてご紹介します。

登壇者
  • 株式会社ビデオリサーチ ソリューション推進局 データデザイン部
    専門職部長  鈴木 暁

※受講の組合せは自由です。1講演のみの受講も可能です。

開催概要

開催日時 2016年11月7日(月) 15:30~17:20
(受付開始 15:00、16:20)
会場 株式会社ビデオリサーチ 本社内
東京都千代田区三番町6-17 地図表示(別ウィンドウで開きます)

東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線
 九段下駅 2番出口 徒歩8分
東京メトロ半蔵門線
 半蔵門駅 5番出口 徒歩9分
JR線 市ヶ谷駅 徒歩13分
主に対象となる方
  • マーケティングや広告コミュニケーション業務に携わる方
  • 広告効果管理に関心のある方
登壇者略歴

宮田 正晃
2012年ビデオリサーチ入社。調査分析部門を経て2016年4月より現職。

鈴木 暁
1986年ビデオリサーチ入社。事業開発部門、研究開発部門などを経て2016年4月より現職。

定員 各回 80名
参加費用 無料
お申し込み方法 11月7日(月)開催分は終了いたしました。
多数の御申込をいただき、ありがとうございました。
ご注意
  • プログラムの内容は一部変更となる場合がございます。
  • 本セミナーは定員制です。予定数となりました場合、お申し込みを締め切らせていただきます。

※お申し込み確定につきましては、後日Eメールにて受講票をお送りいたします。

お問い合わせ先 株式会社ビデオリサーチ セミナー運営事務局
TEL:03(5860)1700
お電話でのお問い合わせ時間: 平日9:30-12:00、13:00-17:30
e-mail:vr-seminar@videor.co.jp


セミナーを申し込む
◆お申し込みについて
  • 受付フォームが立ち上がりますので、必要事項を入力ください。
  • お申し込みにあたっては、弊社にて確認次第ご連絡いたしますが、お時間をいただくことがある旨予めご了承ください。

セミナー一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ