メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

ソリューションメニュー

Communication Drive(コミュニケーション・ドライブ)

ビデオリサーチの広告・コミュニケーション関連調査、Communication Driveのご紹介をしています。

  • 概況分析
  • ターゲット定義
  • マーケティング・コミュニケーションストラテジー
  • メディアプランニング
  • 交渉・購買
  • 効果検証/キャンペーントラッキング
  • メディアデータ
  • 広告プランニング
  • 広告効果測定
  • マーケティングデ-タ
  • グローバル対応
  • 調査・分析手法
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 概要・特長
  • Communication Driveでわかること

Communication Driveの概要

環境変化の中で「いかにコミュニケーションの効果・効率を高めていくか」という広告業界の課題解決のためには「PDCA(Plan-Do-Check-Act cycle)による継続的なマネジメント」が有効であり、次の4つのポイントが重要だと考えています。

  1. どんな指標で効果を管理するか=KPI(最も重視すべき中間指標)の設定。
  2. KPI起点で効果プロセスをシミュレーションするための予測モデル。
  3. 定期的に効果を把握するトラッキングデータ。
  4. 効果を評価するための目安となる値。

このような考え方に基づき、ビデオリサーチでは「Mind-Top®」データを 中心に、(1)コミュニケーション活動を計画する・成果評価する際の視点(重視すべき指標)を提示し、(2)成果評価の目安となるような基準値と(3)プ ランニングの際に必要となる効果指標間の関係性を可視化することを企画目的とした分析レポート『 Communication Drive 』を発刊いたしました。

Communication Driveの特長

Communication Driveの分析視点

Communication Driveの分析視点 イメージ

  • (注1)ブランド考慮…買ってもよいと思うブランドに再生されること。
  • (注2)広告想起媒体… 対象媒体はテレビ・ラジオ・雑誌・交通・屋外・フリーペーパー・DM・ネット
商品・サービスのご相談・お問い合わせ

ビデオリサーチのソリューション内容についてご不明な点はございましたか?
ビデオリサーチでは、お客様の課題やニーズに応じて、最適なソリューションをご提案しておりますので、お気軽にご相談、お問い合せください。

WEBからのお問い合わせはこちらから

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

関連商品紹介

ページトップへ