メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

ソリューションメニュー

調査員訪問調査

調査員が指定された個人(世帯)を訪問し、調査の依頼をして応諾いただいた方に調査協力してもらう調査です。調査員が対面で聞き取りを行なう場合と、調査票を預けて後日回収にうかがう場合があります。

  • 概況分析
  • ターゲット定義
  • マーケティング・コミュニケーションストラテジー
  • メディアプランニング
  • 交渉・購買
  • 効果検証/キャンペーントラッキング
  • メディアデータ
  • 広告プランニング
  • 広告効果測定
  • マーケティングデ-タ
  • グローバル対応
  • 調査・分析手法
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 概要・特長

訪問面接調査

調査員があらかじめ用意された質問票にもとづき、直接その場で聞き取りする方法。調査内容は調査員が調査票に書き込みます。

訪問留置調査

調査員個人宅に調査票を預け、後日回収にうかがう調査方法。

訪問面接・留置併用調査

面接法でなければならない質問だけを面接で記入し、残りを留置で行なう調査。
行動記録など、留置法でなければならない質問がある場合もこの方法を使う。

全国 約1800名の登録調査員ネットワーク

ビデオリサーチの登録調査員は、全国約1800人。
自主調査をはじめ、各種訪問調査を実施し、毎年300,000サンプル以上の一般世帯対象の調査員訪問調査を実施しています。

「エリア・ランダム・サンプリング」(ARS)法による対象者無作為抽出

当社では、無作為に対象者を抽出する方法として、当社独自の「エリア・ランダム・サンプリング」法(ARS法)を用いています。
一定の代表性を保つ、全体推計可能な調査方法です。

「エリア・ランダム・サンプリング」(ARS)法とは

日本地図

最新の住民基本台帳の統計データを基に、二段無作為抽出法により抽出された調査対象者世帯を住宅地図上にプロットし、該当世帯の居住者の中から調査対象者を無作為に抽出する方法。
なお、有効標本の性・年齢別構成比が母集団の構成比と乖離した場合は、乖離した性・年齢区分について、サンプル追加(調整)します。

FW管理システム「VR-ComPass」について

当社では、携帯端末を使用した調査管理システム「VR-ComPass」(ブイ・アール・コンパス)を開発。
全国統一された調査管理を行うとともに、調査対象者の個人情報保護に努めています。

「VR-ComPass」(特許第4963260号)

VR-compassイメージ

全調査員に専用携帯端末を貸与。当社独自開発の専用アプリにより、調査状況を集中管理、全国リアルタイムでのFW管理が可能なシステム。
また、万全のセキュリティ対策により、調査協力者の個人情報保護を実現しました。

訪問調査のメリット

訪問面接調査

  • 対象者が確実に特定され、資料や商品を見せながら質問できる
  • 純粋想起を捉えることが可能
  • 選択肢では捉えられない質問が可能

訪問留置調査

  • ある程度ボリュームある調査も可能
  • 対象者の都合で記入できる

訪問調査のデメリット

  • コストがかかる
  • 在宅率の低下やオートロックマンションの増加で戸別訪問が厳しい
  • 調査期間が長くなる(面接→本人の都合の良い日を指定)

訪問面接調査

  • 本人に会えるまで何度も訪問が必要
  • プライバシーに関する質問はしづらい

訪問留置調査

  • 勘違いの記入・未記入や、他の家族が回答する可能性がゼロではない
商品・サービスのご相談・お問い合わせ

ビデオリサーチのソリューション内容についてご不明な点はございましたか?
ビデオリサーチでは、お客様の課題やニーズに応じて、最適なソリューションをご提案しておりますので、お気軽にご相談、お問い合せください。

WEBからのお問い合わせはこちらから

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ