「女子力男子」は増えるのか?

VRDigest編集部
VRDigest編集部
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

※当記事は2015年8月5日にVR LOUNGEに掲載されたものです。 

みなさんは最近話題の「女子力男子」をご存じでしょうか?明確な定義はないといわれていますが、美容や健康について気に掛けている、食品や化粧品の添加物を気にしている、カフェに行くのが好きだ、料理が得意だ、とか"女子力"の高い男子のことを指します。
 最近の若者に増えているといわれている「女子力男子」は増えているのかACR/exのデータから確認してみました。

 まずは美容に関する意識が高いのかという疑問から。

グラフ1

 肌の手入れに気を配っていると回答した人は10代、20代で高く、確かに若者は肌の手入れに気を配っている人が多いといえそうです。
しかし、若者、特に10代はニキビなど肌が荒れやすい時期でもあるので、それ以外にも見てみます。

グラフ2

 「料理は手間ひまをかけて作る」「料理はレシピを見ながら作る」といった家事に関する項目も20代のスコアが高くなっており、データを見てみると確かに若者男子は女子力男子の要件を満たしているのかもしれません。

 私たちは若者から直接話を聞くという活動もしているのですが、これらについて以前大学生男子に話を聞いてみたら「普段料理はするし、化粧水は使うけど、それが特別"女子力"という感覚は無い」と言っていました。女子力男子が増えているといわれていますが、個人的にはこの感覚が実際のところだろうと思います。いまの若者は男女関係なく家庭科の授業を受けていることなどもあり、これからも男子、女子というジェンダー差は無くなっていく流れが進むと思います。

 企業としても男女の境界が薄くなり市場を2倍に出来るチャンスかもしれませんし、今後も「女子力男子」注目です。

データはすべて ACR/ex 2014年4~6月度データ 12~69歳 東京50km圏

この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!