~インターネットオーディエンス調査~ 日本のインターネット利用人口動向

VRDigest編集部
VRDigest編集部
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

※本記事は2001年に発刊したVR Digestに掲載されたものです。

 今回は私どもビデオリサーチネットコムが定期的に調査しているインターネット母集団推定調査の結果より、日本のインターネット利用人口のデータをご紹介致します。これはインターネットオーディエンス調査の基礎データとなるものです。また、急速に拡大している携帯電話によるインターネット利用、及び、職場でのインターネット利用状況についても取りあげます。

◆日本のインターネット利用人口

 図1は、2001年4月時点での日本のインターネット利用人口です。利用場所、機器に関わらず、ふだんインターネットを利用しているとしているのは、約4,000万人となり全人口の約1/3を占めるまでになりました。利用場所別にみると、自宅で利用している人が増加しており、職陽・学校といった自宅外でのみ使用するという人の割合は減少しています。(図2)

●図1:インターネット利用人口推計値(2001年4月調査)

vol396_08.jpg

●図2:インターネット利用場所構成比の推移

vol396_09.jpg

◆世帯利用率、利用人口の推移

 次に自宅でのインターネット状況の推移をみてみます。図3はこの調査を開始した一昨年9月以降の約半年ごとのインターネット世帯糾用率、及び自宅内の利用人口の推移をみたものです。インターネットを利用している世帯(機器を問わずインターネットユーザーが1人でもいる世帯)の割合は38.8%となり、前年の同時期に比べて約13ポイントの伸びとなっています。また、自宅内でのインターネット人口は全体で3,344万人となり、1年間で約1.7倍に拡大しています。

 利用機器別にみると、パソコンによる利用が約2,800万人を占めており、この1年間では、ほぼ直線的に利用者が拡大しています。一方、携帯電話でのインターネット利用者は約1,300万人となり、2000年9月からの約半年間で3倍以上とユーザーが急増しています。従来はパソコンでのインターネット利用が大半でしたが、パソコンは弄り用せず、携帯電話のみでインターネット祈り用している人が13%と全体の1割を超えるまでになりました。(図4)また、インターネットをパソコンと携帯電話の両方で利用している人が26%と全体の1/4を占めています。

●図3:インタ「ネット世帯利用率/自宅内利用者の時系列推移

vol396_10.jpg

●国4:インターネット接続に使用している機器(自宅内利用者/2001年4月調動

vol396_11.jpg

◆性年代別構成割合

 図5は自宅内ユーザーの性牢代別構成割合、及びその推移を表したものです。男女とも20~30代が利用の中心ではありますが、年々女性、特に30代以上の層の割合が増えています。

 また、パソコンと携帯電話でユーザーの性年代別構成割合をみると、携帯電話でのインターネットユーザーはパソコンに比べて、男女とも10~20代の割合が高くなっています。(図6)

●図5:性年代別構成割合(自宅内ユーザー/全ハードウェア)

vol396_12.jpg

●図6:性年代別構成割合(自宅内・利用機器別/2001年4月調査)

vol396_13.jpg

◆性年代別のインターネット利用率

 図7、図8は、自宅内、自宅外(職場・笥効のそれぞれについて、性糾明りのインターネット利用率をみたものです。自宅内、自宅外ともに男性は30代、女性は20代の利用率が最も高くなっています。また前回調査時(2000年9月)と比べると、自宅内利用は各層とも1.3~1.5倍となっているのに対して、自宅外での利用率は横ばいか微増にとどまっています。

●図7:インターネット利用率(自宅内・全ハードウェア/2001年4月調査)

vol396_14.jpg

※( )内は2000年9月のスコア

●図8:インターネット利用率(自宅外・全ハードウェア/2001年4月調査)

vol396_15.jpg

※( )内は2000年9月のスコア

◆職場でのインターネット利用状況

 図9,10は職場でのインターネット利用状況についてまとめたものです。これは2000年3月に実施した「職場におけるインターネット普及率調査」より抜粋したものです。

 図9は、日本の職場でのインターネット利用状況を業種別にみたものです。利用率は業種によりかなり差があり、「情報通信・コンピュータ」関連に勤めている人では8割以上の人が職場でインターネットを利用しており、他の業種に比べて突出しています。他の業種では、「印刷・出版・放送・広告」(50.0%)、「電気・精密機器」(46.5%)、「学院・教育」(41.8%)、「科学・鉄鋼・非鉄・エネルギー」(40.9%)が続いています。一方、職種、役職別にみると、「勤め人」の人での利用率が総じて高く、40~60%の人が職場で利用しており、中でも「管理職」での利用率が高くなっています。

●図9:職場でのインターネット利用率(業種別/2001年3月調査)

vol396_16.jpg

●図9:職場でのインターネット利用率(職種別2001年3月調査)

vol396_17.jpg

■調査概要■

vol396_18.jpg

                   株式会社ビデオリサーチネットコム 江村 謙太郎

                               (emura@vrnetcom.co.jp)

■お問い合わせ先■

株式会社ビデオリサーチネットコム

 TEL:03-5540-6502 E-Mail:info@vrnet.co.jp

または、株式会社ビデオリサーチの営業担当者までお願いいたします。

この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!