imgimg
imgimg
img
img
img
imgimg
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
お問い合わせ
title
2019年11月11日

【今なら無料サンプル貰えます】意外な事実が見えてくる!? データで分かる「ニッポンのエリア事情」~県民特性解剖計画~ 

矢島直人
メディア・コミュニケーション事業局 企画部
矢島直人

【今なら無料サンプル貰えます】意外な事実が見えてくる!? データで分かる「ニッポンのエリア事情」~県民特性解剖計画~ 

もくじ

【1】エリアマーケティング、やってますか?
【2】「もっとも印象が薄い都道府県」ランキング1位のあの県は...
【3】県民特性をふまえたエリアマーケティングを安価・カンタン・便利に!
【4】今なら無料サンプル貰えます!
【5】<おまけ>「へぇ~」と言いたくなる!? 東京都民が「気にしていること・気にしていないこと」

エリアマーケティング、やってますか?

世間一般に「大企業」と呼ばれる企業の多くは、本社が東京にあります。
東京の「通勤」と言えば満員電車に乗る光景を想像し、「買い物」と言えば銀座や新宿・六本木などの繁華街の街並みを思い浮かべるのではないでしょうか。
また、すれ違う人々の多くがスマホを触っており、もしかすると他県から来た方々には異様な光景に見えているのかもしれません。

特に若者は四六時中と言っていいほどスマホを触り、「インスタ映え」のために友達と遊びに出かけることもしばしば。このご時世の中で新商品を宣伝する場合は、スマホにインターネット広告を大量に流し、"映える"イベントを仕掛けてSNSでのバズりを狙う・・・最近よく聞く『新商品のキャンペーンプラン』と言えます。

ただ、当たり前ですが東京の日常風景が日本全国どこでも見られるわけではありません。日本には47の都道府県が存在し、住む地域によってその人の"特性"が変わってくると言えます。「大阪府民はトークがおもしろい」「沖縄県民はおおらかで奔放」などがその代表例です。これらの"特性"をマーケティングにも活かすことで、よりきめ細やかな、そして効率的な売上UPにつながります
そこで今回は、ビデオリサーチが保有するエリアマーケティングに最適な都道府県別生活者データベース「Area Data Summary by J-MARC Basic」より、ちょっと変わった視点での分析結果をご紹介します。

「もっとも印象が薄い都道府県」ランキング1位のあの県は...

ニュースサイト「しらべぇ」によると、「もっとも印象が薄い都道府県」ランキングにて1位になってしまったのが島根県です。
島根県には出雲大社や松江城、石見銀山など多くの観光スポットもあり、島根県民の方々からすると「印象が薄いだなんてとんでもない」と思うことでしょう。
ですが、たとえば「大阪の人はトークが面白い」「沖縄の人はおおらかで奔放」といった「県民特性」という視点で見ると、実は"島根県民の特性"をぱっと思い浮かぶ人は少ないかもしれません。
そこで、「Area Data Summary by J-MARC Basic」で島根県民の県民特性(※)を覗いてみました。

※本記事では、県民特性=全国平均値と比べてその県のスコアが高い/低いものを「特性」と定義しています。



【県民特性が垣間見えるポイントをあぶりだし!】
まずは、商品・商材への関与状況を見てみましょう。最初に印象に焼き付くのが、全体的に自動車への関与が高いという点です。「所有率が高い商品」では全国平均に比べ、「軽自動車」が20pt以上も高い結果に(①)。「利用経験率が高いサービス・施設」でも「カーディーラー」「カー用品店」が高スコアを獲得し(②)、また「欲求度が高い=多くの人が"欲しい"と思っている商品」では「カーナビ」や「車載テレビ」など、車にオプションで付けるものへのニーズも高いことがわかります(③)。

zu.png

【画像クリックで拡大】

自動車に関しては、「関心のある商品広告」でも「軽乗用車」「普通乗用車」が上位にランクイン。車そのものだけでなく、広告への関心も強いとなると、積極的なキャンペーン訴求が功を奏しやすいと言えるでしょう。

自動車以外のラインナップを見てみると、「所有率が高い商品」ではオール電化や食器乾燥機、IH調理器など比較的高価な電化製品が多くあがっているのが特徴的です。また、城下町ということもあり和服の所有率も全国2位と非常に高いです。
「好きな企業」でも、家電系やコンビニが多くあがっており、そこに関連しているのか、「関心のある商品広告」も「家電量販店」「家電系」「スーパー」などがランクインしています。比較的身近な場所が多いですね。

一方で旅行やリゾートホテル、レジャー施設、演劇など遠出するような娯楽への興味は薄め。逆に衣料品や美容への関心が高く、自身の身なりに対する意識が強いようです。
その心が何たるかを「意識が高い項目」で見てみると、「地域のコミュニティに積極的に参加」「地域の行事や祭りによく参加」など、地元を大事にする志向があり、地域コミュニティの中でいろいろな楽しみを味わいたいという思いを持つ人が多いという結果が出ています。地域密着な生活スタイルであるがゆえ、周りの人からの視線は気にし、身なりをきっちりしようとする意識が働きやすいのかもしれませんね。

メディアへの関与状況を見てみると、「メディア接触時間量」では「テレビ」は全国平均に比べるとやや少なく、「ラジオ」がやや高い結果に。では「よく聴くラジオ局」はどこなのか、でいうと、1位は「山陰放送(BSS)」でした。
また、メディアごとの広告イメージを見てみると、「新商品情報を知る」経路としては「チラシ」が全国平均よりも10pt以上高いという突出した特徴がみられます。

yajirusi.pngたとえばこれらの結果から、島根県民へのコミュニケーションを考えてみると以下のようなアプローチ方法が考えられそうです。


【島根県民にコミュニケーション施策をとるときのポイントは?】
まず、自動車や家電への関与が非常に高いため、商品販促時には力を入れるべきエリアのひとつと言えそうです。コミュニケーションをとる際のポイントとしては、「地元を大事にする心」。ハイスペックすぎる商品は"自慢"ととらえかねないため、身近な製品であることをアピールすることが広告受容につながりやすいでしょう。

宣伝媒体としては、リーチ獲得にはやはりテレビが圧倒的ではありますが、自動車自体の利用率も高いこともあり、車内でも聴く機会の多いラジオへの出稿も効果的なメディアの1つに挙げられます。また近場へのお出かけに対する関心が高いことも相まって折込チラシでの新商品情報入手関与が高いことは見逃せないポイントです。自動車販売店や家電量販店の広告媒体としてもともと相性がいい媒体ではありますが、デジタル化が進む時代においても引き続き効力の高いアプローチ方法として積極的な活用をお勧めします。

県民特性をふまえたエリアマーケティングを安価・カンタン・便利に!

上記は「島根県民」の"県民特性"=特徴をあぶりだすために行った分析ですが、実はコレ、たった4枚のダッシュボードだけで分かるんです。エリアマーケティングに有意義なデータ群を見やすくまとめたこのボードを使えば、要点だけをつまんで「島根県民」の特徴を導き出すことができます。
また、オプションで「島根県民の若い女性」や「島根県民の家電に興味がある人」といった、細かいターゲットに区切った分析を行うことも可能です。ターゲットのラインナップは実に10,000種類以上!ご要望に応じて最適なターゲットを提案させていただきます。


今なら無料サンプル貰えます!

「Area Data Summary by J-MARC Basic」は、直感的な操作でカンタンにデータ分析が行えるTableau Japan社のダッシュボードでご覧になれます。今なら、サンプル版を無料進呈中!ご興味をお持ちの方は、お気軽にコチラまでご相談ください。

【おまけ】「へぇ~」と言いたくなる!? 東京都民が「気にしていること・気にしていないこと」

ちなみに東京都民は、分析してみるとどんな結果になるのでしょうか?せっかくなので、一緒に調べてみました。
結果、東京都民の"都民特性"としては以下のような特徴が見いだせました。

・社会基盤の整備や企業・政治動向への意識が高い
・教育への意識も高く、受験にも熱心
・睡眠の質に関心が高く、それに連動してか朝ごはんを食べる人が少ない
・電車社会のため、自動車へのニーズは低い
・全体的に社会に対する意識が高い一方で、口臭や体臭に気を配る人は少なく自分自身への関心度が低め
・かつての長者番付にのっていたような億万長者が多数住んでいる場所でもあるため所得が高いと思いきや、個人年収はほぼ全国並み
・おそらくその理由は、「働いてない人」も案外多いから


筆者は東京都民(23区外在住)ですが、結果を見て「そりゃそうだよな」と思うこともあり、「へぇ~」と思うこともあり・・・ "県民特性解剖計画"はまだまだ進めていく必要がありそうです。


<Area Data Summary by J-MARC Basic 使用データソースについて>

 データソース  2018年度J-MARC Basic
 調査期間  2018年10月21日(日)~10月27日(土)
 調査対象エリア  全国47都道府県主要エリア
 調査対象者  満15~74歳の男女個人
 有効標本数  12,242人(全国計)
 対象者抽出  ①弊社過去調査対象者のリストから抽出
 ②上記抽出での不足分を「地点・個人」で多段抽出し、調査員訪問による説得
 本記事での集計対象  島根県/東京都在住の15-69歳男女

今ならキャンペーン実施中!詳細はコチラ

サービス一覧

サービスやデータに関するご相談はこちら
pagetop