「TV-CMカルテSpecial report 2001~広告指標の標準値・参考値(Norm値)データ集」発刊のお知らせ

VRDigest編集部
VRDigest編集部
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

※本記事は2001年に発刊したVR Digestに掲載されたものです。

弊社では、毎年一回テレビコマーシャルカルテや広告統計データを用いたテレビCM効果に関する分析事例集として「TV-CMカルテSpecial report」を発刊しております。

「Special report '97-'98」ではテレビCMとブランド評価の関係、「Special report '98-'99」ではテレビCM認知率予測モデルの研究、「Special report 2000」ではスポットCM出稿計画に関する考察などを行ってまいりました。

 このように、これまでの「Special report」はテレビCM効果に関する分析・考察に重きを置いておりましたが、今年10月に発刊を予定している「Special report 2001」は「テレビコマーシャルカルテや広告統計データをまとめた広告指標の標準値・参考値(Nom値)データ集」として、より実務上利用しやすいデータハンドブックにしたいと考えております。様々な課題に対して、分析の視点だけではなく、そのままデータ集として直接皆様の業務のお役に立てるような報告書になればと思います。

(注:今回掲載するNorm値は、テレビコマーシャルカルテ報告書などに掲載されている通常の値ではなく、その他の視点における様々な標準値・参考値としての値になります。)

主な内容は以下の通りです。

vol399_11.jpg

「Special report 2001」の発刊はもうしばらくお待ち頂くことになりますが、ここではその結果の一部を少しだけご紹介したいと思います。

 下の図は、『Ⅰ.CM投下量とCM認知率の関係-①タレントタイプ別Norm値』における分析結果です。

 この結果をみると、出稿量に対する認知効率は「人気度A日本人タレント」を起用したCMが最も良く、1000GRPに対して標準的な認知率は約50%となっています。次いで「人気度B日本人タレント」、そして「現役スポーツ選手」「有名外国人」「動物・アニメ・CG」「その他日本人有名人」が続きます。一方、「子供」「タレントなし」「その他外国人」を起用したCMは認知効率が悪くなっています。

vol399_12.jpg

 ここでご紹介した「タレントタイプ別Nom値」の他にも、「Specialreport2001」では「CMタイプ

別Nom値」「ブランド評価別Norm値」なども掲載する予定です。ご興味を持たれましたら、どうぞお気軽に各営業担当までお問い合わせ下さい。

<<TV-CMカルテSpecial report 2001>>

・レポート体裁: A4縦型上製本約300ページ

・発行日     2001年10月16日(火)予定

■TV-CMカルテ調査回数増加のお知らせ

 テレビCMは、年間約147万2,500本(関東地区民放5局:2000年ビデオリサーチ広告統計より)ものオンエアがあり、特にこの1~2年はインターネットの急速な普及や、BSデジタル放送など、私達をとりまく環境の変化に合わせた新商品や新サービスに関するテレビCMも増加傾向にあります。それに伴い、弊社テレビコマーシャルカルテ調査へのご依頼もたくさん頂くようになりました。そこで、毎月1度の調査実施を、2001年11月および2002年2月には2度に増やすことに致しました。スケジュールは以下のようになっております。皆様から多数のご依頼をお待ちいたしております。

vol399_13.jpg

◎ご注意◎

 上記Vol-145および149については、速報に掲載する出稿データを弊社広告統計「週報」データより算出したものとさせて頂きます。(報告書には「月報」データより算出したものを掲載します)調査のご依頼に関する詳細は、下記までお問い合わせ下さい。

<<<テレビコマーシャルカルテ(CMカルテ)調査概要>>>

調査地域    :関東地区→束京30kn圏

調査対象者   :満13~59才の男女個人

サンプリング方法  :無作為二段抽出法

調査方法    :留置調査法

       (調査票を対象者宅に調査員を通じて配布、対象者自身に記入を依頼、後日回収)

調査標本数   :800サンプル指令(有効回収率約80%)

調査対象CM数 :1回あたり約100CM

テレビコマーシャルについてのお問い合わせは、

                  御社担当営業または、調査一部(03-5541-6531)まで

この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!