'85年 テレビCM出稿量(番組CM&スポットCM)の動向(1)-テレビCM白書より-

VRDigest編集部
VRDigest編集部
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

本記事は1986年に発刊したVR Digestに掲載されたものです。

一昨年、昨年に続き今年も'85年度のテレビ広告の動向をまとめた「テレビCM自書」を発

刊(4月15日発刊)致しましたのでその内容を一部御紹介致します。

昨年度('85年度)、テレビ広告をとりまく環境は極めて厳しい状況を示しており、広告費全体の伸びは2.3%と微増にとどまっています。特にそのなかでテレビ広告費の伸びは、1.9%と戦後最低の伸び率となりました。そのような状況のなかで'85年度のテレビ広告の量的あるいは質的な動向はどうであったのであろうか。

以下「'85テレビCM白書」から抜粋して、概略を紹介致します。

自動車、各種団体が増加したものの食品・飲料、化粧品・洗剤が減少し全般的に低成長

テレビ広告の量的側面からみるとテレビCM総量(秒数)は関東地区で5年連続、関西地区で4年連続増加傾向を示し、過去14年間では'73年に次ぐ出稿量となっています。しかし、前年比増加率は関東地区0.3%増、関西地区1.2%増と極めて少なく微増にとどまっています。また、テレビCMを番組CMとスポットCMに分けると量的な増加を支えているのはスポットCMであり、番組CM総量は前年を下廻っています。さらに、番組CMのテレビCM総量に占める割合は年々(7年連続)減少し'85年度では36.1%まで下っています。

量的な増減をテレビ広告商品の業種(商品種類・大分類)別にみますと、全体の構成比のなかで1位・2位を占める「食品・飲料」「化粧品・洗剤」が減少し、また'75年以降着実な伸びを示していた「出版」も減少に転じています。逆に前年にくらべ両地区とも出稿量が増加した業種は"科学万博つくば'85"の関連CMや各種諸団体を中心とした「その他の業種」、さらには、軽乗用車を中心に「輸送機器」が大幅に増加した業種と云えます。(テレビ・ラジオ調査部 小島裕二)

vol217_16.jpg

vol217_17.jpg

vol217_18.jpg

この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!