年末・年始のテレビ視聴率は? ~関東地区視聴率調査より~関西地区のテレビ視聴の特性 NHK年間視聴率の推移及び野球中継について

VRDigest編集部
VRDigest編集部
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

本記事は1987年に発刊したVR Digestに掲載されたものです。

 関西地区のテレビ視聴の特性については、関西、関東比較の視点からこれまで数多くの角度から分析されてきましたが、今だに明解な結論は出ていないようです。それだけに、東京・大阪の視聴者特性には複雑な違いがあるとも考えられますし、逆に違いと言えるほどのものはないのかも知れません。

 しかし、そのような中でNHKの番組について分析してみると地域風土の違いを反映しいくつかの特性のあることがわかります。

 そこで本稿は、このNHKにスポットを当て、データ分析をしてみることにします。加えて"野球中継"についても触れてみようと思います。

1 NHKの年間視聴率の推移

―関西では不人気なNHK

 NHKの視聴率を過去5年間についてみると、6:00~24:00の年間平均視聴率が、関東では10%台で推移しているのに対し、関西では、7%台となっており、名古屋の8%台に比べても、関西のNHK不人気がわかります。

 また、19:00~23:00についても関東が13%前後で推移しているのに対し、関西では、10%前後となっており、ちょうど関東の6:00~4:00と関西の19:00~24:00が、ほぼ同じ視聴率で推移していることがわかります。(関西のプライムタイム=関東の全日)

vol224_03.jpgvol224_04.jpg

2 番組種目から見た関東・関西の比較

 関東・関西とも視聴率が高い人気番組を、4つの種目について(関東vs関西の視点で)みると・NHKの番組で関西が関東を上回っているものは一つも無く、すべて関東が高くなっています。

 つまり・特定の番組だけが不人気という訳ではなく、関西ではNHKのすべての番組が今一歩といったところでしょうか。

 このように、NHKに関して、過去5年間、13週平均の視聴率、そして4週平均の番組比較を追ってみましたがいずれも関東が関西を上回る結果となっています。

vol224_05.jpg

3 高校野球中継にみるNHK VS民放

関西の民放が力を入れる高校野球中継

高校野球中継といえば、春・夏甲子園球場より中継されますが、関西では、毎年、NHKとほぼ同じ時間量、民放でも中継放送されています。

下表は、86年の夏の大会について開会式から閉会式まで視聴率をみてみたものですが・関西以外の地区ではNHKの独壇場である高校野球中継も、関西では民放が健闘し、決勝戦ではNHKを上回る視聴率となっています。

 ここからもアンチNHKの傾向がうかがえます。

vol224_06.jpg

4 プロ野球ナイター中継にみる関東・関西比較

'86年のプロ野球は、両リーグともに最後まで熟の入った追いつ追われつの好ゲームを展開しました。 しかし、視聴率では'83年の巨人・西武優勝の年より'86年の視聴率は、低くなっています。やはりプロ野球は"巨人"ということでしょうか?

関西は巨人カード中心のプロ野球中継に不満の様子

 5年間のプロ野球ナイター中継の視聴率をみると、関西では15%~17%で推移しているのに対し、関東では20%~26%と高くなっています。

 そこでカード別にみてみると、関東はすべての巨人カードで視聴率が20%以上と安定しているのに対し、関西では「巨人・阪神」戦のみ20%以上で他の巨人カードは12%~16%と低くなっており、関西

では阪神カード以外はボルテージがあがらないようです。

vol224_07.jpg

 以上、今回はNHKと野球中継をとりあげて、関西地区の視聴特性にふれてみましたが、いかがだったでしょうか。(大阪支社 営業課 杉原政勝)

この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!