COMMUNUCATION DYNAMICS

site_ttl

おかげさまで、VR Forum 2015は大盛況のうちに終了いたしました。
お忙しい中、会場に足をお運びいただいたお客様、本当にありがとうございました。


2015.12.8 TUE / 12.9 WED   
@東京国際フォーラム

聴講は事前のお申込みが必要です

8日(火)受付開始 10:00 ~
9日(水)受付開始  9:00 ~
総合受付 : ホール B7

PROGRAM
講演プログラム

  • DAYS2
  • DAYS1

2015年12月9日 水曜日 [ 受付開始 9:00~ ]

  • 9:00
  • 9:30
  • 10:00
  • 10:30
  • 11:00
  • 11:30
  • 12:00
  • 12:30
  • 13:00
  • 13:30
  • 14:00
  • 14:30
  • 15:00
  • 15:30
  • 16:00
  • 16:30
  • 17:00
  • 17:30
  • 18:00
  • 18:30
  • @ホールB7会場

    スペシャルディスカッション・day2

    • 10:00〜11:30

    • B7-1

    2020へ!広告 コミュニケーションの未来

    • 11:45~13:15

    • B7-2

    テレビの拡げ方~メディア環境変化とテレビの在り方~

    • 13:30~14:45

    • B7-3

    ビデオリサーチが描くこれからの視聴率

    • 15:00~16:15

    • B7-4

    インターネットこれからの挑戦

    • 16:30~17:45

    • B7-5

    「データドリブン・クリエイティブ」の可能性を探る

  • @ホールB5会場

    • 10:15~11:30

    • B5-1

    生活者の変化から見る時代の潮流~牛窪 恵氏×VRひと研究所~

    • 11:45~13:00

    • B5-2

    広告 生活者のデジタル化、マーケティングの
    デジタル化における課題と展望

    • 13:15~14:30

    • B5-3

    次世代マーケティングのための"情報導線"をデザインするには

    • 14:45~16:00

    • B5-4

    マインド・ホールを突破せよ。
    ~「ひと起点」から生まれた
    生活者セグメントのリアルな活用事例~

    • 16:15~17:15

    • B5-5

    テレビ×ビッグデータ×AI
    ~メディアプローブデータの活用~

    • 17:30~18:30

    • B5-6

    ネット広告はどれだけ届くか

  • @ホールD5会場

    • 9:30~10:15

    • D5-1

    ローカルにおけるテレビメディアの挑戦

    • 10:30~11:30

    • D5-2

    BS放送の広告ビジネスは次のステージへ

    • 11:45~12:45

    • D5-3

    生活者の今に寄り添う「ラジオ」の
    多様化アプローチ

    • 13:30~14:30

    • D5-4

    ワカル?ワカモノ~多様な若者を
    理解するには~

    • 14:45~15:45

    • D5-5

    「顧客の愛着度を高めるには?」価値観を
    基軸としたCRMソリューション

    • 16:30~17:15

    • D5-6

    ターゲットをつかまえる~調査データを広告配信に活かす~

    • 17:30~18:15

    • D5-7

    視聴『質』イノベーション~生体反応の活用~

2015年12月8日 火曜日 [ 受付開始 10:00~ ]

  • 9:00
  • 9:30
  • 10:00
  • 10:30
  • 11:00
  • 11:30
  • 12:00
  • 12:30
  • 13:00
  • 13:30
  • 14:00
  • 14:30
  • 15:00
  • 15:30
  • @ホールB7会場

    オープニング

    • 10:30〜12:15

    • B7-X

    基調講演
    日本民間放送連盟会長・TBSテレビ代表取締役会長 井上 弘様

    特別講演
    三菱総合研究所理事長 プラチナ構想ネットワーク会長 東京大学第28代総長 小宮山 宏様

    スペシャルディスカッション・day1

    • 13:30~15:30

    • B7-Y

    2020へ! テレビメディアの挑戦

現在選択中のプログラム

3件のプログラムを選択中です

  • B-X
  • B-Y
  • B-X
  • B-Y
  • B-X
  • B-Y
  • B-X
  • B-Y
  • B-X
  • B-Y
  • B-Y
  • B-X
  • B-Y
  • B-X
  • B-Y
  • B-X
  • B-Y
  • B-X
  • B-Y
  • B-Y
  • B-X
  • B-Y
  • B-X
  • B-Y
  • B-X
  • B-Y

× 閉じる

【基調講演】2020へ!民放テレビのこれから

【登壇者】

  • 一般社団法人 日本民間放送連盟 会長
    株式会社TBSテレビ 代表取締役会長 井上 弘氏

デジタル技術の進化と生活者のテレビ視聴の変化を受けて、テレビメディアの価値向上にはどのような点が鍵となるのか、民放連 井上会長にご講演いただきます。

【特別講演】プラチナ社会の実現とメディアへの期待

【登壇者】

  • 株式会社三菱総合研究所 理事長
    プラチナ構想ネットワーク 会長
    東京大学 第28代総長 小宮山 宏氏

人類は変革期を生きています。2020年に向けて激しく経済・社会環境が変化する中、「日本はどのような課題を抱え、コミュニケーションやメディアは課題にどのように対峙すべきか」を、質の高い生活を享受できる「プラチナ社会」の実現を通してご提言いただきます。

【スペシャルディスカッション・day1】 2020へ!テレビメディアの挑戦

【登壇者】

  • 日本テレビ放送網株式会社 執行役員 編成局長 廣瀬 健一 氏
  • 株式会社フジテレビジョン 専務取締役 稲木 甲二 氏
  • 株式会社電通 ラジオテレビ局長 石川 豊 氏
  • 株式会社博報堂 常務執行役員 研究開発局長 中谷 吉孝 氏
  • C Channel株式会社 代表取締役 森川 亮 氏
  • VR 取締役営業局長 尾関 光司

社会の変化・視聴環境の変化・マーケティング環境の変化が進む中、2020年に向けて、テレビやテレビビジネスにおける現在の課題やそれへの対応、この先目指す未来像などを、米国の最新事情も踏まえながら、放送局や広告会社の方々と議論していきます。

【スペシャルディスカッション・day2】2020へ!
広告コミュニケーションの未来

【登壇者】

  • KDDI株式会社 コミュニケーション本部 宣伝部長 矢野 絹子氏
  • サントリービジネスエキスパート株式会社
    常務取締役 宣伝・デザイン本部長 兼宣伝部長 久保田 和昌氏
  • ライオン株式会社 宣伝部長 小和田 みどり氏
  • VR ソリューション推進局長 新妻 真

地デジ放送開始から干支も一回りし、社会の、生活者のデジタル化はより一層進んでいます。トリプルメディアという概念が一般化し、企業のコミュニケーション活動も複雑化する中、日本を代表するアドバタイザーの方々に、現状の課題と将来展望、パートナー企業への期待等をお伺いします。

【テレビの拡げ方 ~メディア環境変化とテレビの在り方~

【登壇者】

  • 日本テレビ放送網株式会社 編成局次長 兼 編成部長 黒崎 太郎氏
  • 株式会社テレビ朝日 総合編成局 編成部長 谷口 洋一氏
  • 株式会社電通
    MCプランニング局 統合プロデュース室長 榑谷 典洋氏
  • 株式会社みずほ銀行 産業調査部 参事役 中村 伊佐夫氏
  • VRソリューション推進局 テレビ事業推進部長 石松 俊之

デジタル化により、「テレビ受像機むけの放送」だけでは、テレビを定義できない時代となってきました。「ウインドウ戦略」「コンテンツ開発」等から、「新しいテレビ」の方向性を探ります。

ビデオリサーチが描く これからの視聴率

【登壇者】

  • VR テレビ調査局テレビ調査部長 橋本 和彦

技術の進歩や視聴形態の多様化に対応するために、ビデオリサーチは「今」何に取り組み、「これから」をどうデザインしていくのか。タイムシフト、モバイル視聴、セグメントなど、いくつかのキーワードに対する考えをお話しします。

インターネットこれからの挑戦

【登壇者】

  • グーグル株式会社 執行役員
    パートナー事業開発本部長 日本&韓国代表 杉原 眼太 氏
  • ヤフー株式会社 執行役員 メディアカンパニー長 宮澤 弦 氏
  • LINE株式会社 上級執行役員 法人ビジネス担当 田端 信太郎 氏
  • 株式会社電通 デジタル・ビジネス局長 宮澤 由毅 氏
  • VR ソリューション推進局
    インタラクティブ事業戦略室長 / VRI取締役 池田 宜秀

日本のインターネットの歴史を振りかえりながら、メディア・広告の両面から現状を捉えます。また、今後デバイスや技術の進化がもたらす影響を鑑み、インターネットメディアのあり方と、それに伴う広告像を媒体社と広告会社の方々にお話いただきます。

「データドリブン・クリエイティブ」の可能性を探る

【登壇者】

  • 公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 クリエーティブ委員長
    (味の素株式会社 広告部
    クリエイティブ統括部長) 名久井 貴詞氏
  • 株式会社小霜オフィス/no problem LLC. 代表 小霜 和也氏
  • VR マーケティング事業推進局企画開発部主事 藤田 誠広

CMクリエイティブに、「データ」は活かされているのか。クリエイティブをステップアップさせていくためのデータや知見の活かし方に焦点をあてて、広告発注側とクリエーターの双方の観点から、より効果的なクリエイティブ制作のためのアプローチをセッション形式でお話しいただきます。

生活者の変化から見る時代の潮流 ~牛窪恵氏×VRひと研究所~

【登壇者】

  • 世代・トレンド評論家 インフィニティ代表取締役 牛窪 恵氏
  • VR ひと研究所所長 加治佐 康代

多様化・複雑化が進み捉えづらくなっている生活者のいまとこれからを、世代やトレンドの視点から生活者を捉え続けている牛窪氏とVRひと研究所で読み解きます。

広告 生活者のデジタル化、マーケティングの
デジタル化における課題と展望

【登壇者】

  • 日本コカ・コーラ株式会社
    マーケティング本部 IMCコネクションプランニング&メディア部長 今西 周 氏
  • 株式会社博報堂 生活者データマーケティング推進局長 安藤 元博 氏
  • VR マーケティング事業推進局長 布川 英二

デジタル環境の進化が、購買チャネルの拡大と「あらゆる情報接点」での爆発的コミュニケーションを生んでいます。膨大な接点と情報に身を委ねる生活者を顧客・ファンへといざなうためのヒントや課題を議論します。

次世代マーケティングのための"情報の導線"をデザインするには

【登壇者】

  • 株式会社電通
    ビジネス・クリエーション・センター 事業開発室長 平川 健司氏
  • VR マーケティング事業推進局次長 塚原 新一

急速に変化する情報環境は、生活者の行動様式を変え、膨大な情報と多様な選択肢の中で、マーケターも困惑する時代です。このような中での、“情報”の収集、発信をどうデザインするのかを考えます。

マインド・ホールを突破せよ。
~「ひと起点」から生まれた生活者セグメントのリアルな活用事例~

【登壇者】

  • 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン
    マーケティング ドメスティックアプライアンス シニアマネージャー 佐野 泰介 氏
  • 株式会社メディア・シェイカーズ ストラテジックプランナー 
    (株式会社電通 マーケティング・ソリューション局) 大貫 元彦 氏
  • VR ソリューション推進局ACR/ex事業推進部課長 山村 麻紀
  • VR ひと研究所主任研究員 緒方 直美

情報が氾濫する現代社会において、企業が生活者へ的確にメッセージを届けるためには『マインド・ホール』の理解が必要です。生活者理解を可能にするVRの生活者セグメントを用いたリアルな活用事例をご紹介します。

テレビ×ビッグデータ×AI ~メディアプローブデータの活用~

【登壇者】

  • 株式会社フジテレビジョン 執行役員総合開発局長  清水 賢治氏
  • 国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系教授 井上 克巳氏
  • 株式会社ソナー CEO 岡崎 孝太郎氏
  • VR ソリューション推進局テレビ事業推進部 長島 英樹

視聴の分散や価値観の多様化など、捉えづらくなった視聴者をビッグ データと人工知能でダイナミックに可視化するシステムを開発しました。 より良い番組をつくる、効果的に広告を届けるための新しい視点を引き出します。

ネット広告はどれだけ届くか

【登壇者】

  • 一般社団法人日本広告業協会 インターネット広告小委員会 委員長
    (株式会社電通 デジタル・ビジネス局 局長補) 植村 祐嗣氏
  • 一般社団法人日本広告業協会 インターネット広告小委員会 副委員長
    (株式会社オプト 取締役) 八田 浩氏
  • グーグル株式会社 マーケットインサイトチーム 統括部長
    小林 伸一郎氏
  • VR ソリューション推進局インタラクティブ事業戦略室主事
    牧野 純也

テレビCMと同じ手法で調査を重ねると、ネット広告にも「認知効果=届ける力」があることを改めて確認できます。調査結果を眺めながら、様々な立場と角度からインターネット広告の可能性について議論します。

ローカルにおけるテレビメディアの挑戦

【登壇者】

  • 石川テレビ放送株式会社 編成業務局次長 竹内 章氏
  • 株式会社南日本放送 編成制作局 編成部長 切通 啓一郎氏
  • VR シナプス編集部 青山 隆一

VRが発刊する雑誌『Synapse(シナプス)』との連動企画。番組の作り方から、海外番販・4K・放送外収入、そして地域密着のあり方まで。あれこれ語ります!

BS放送の広告ビジネスは次のステージへ

【登壇者】

  • 株式会社BS日本 取締役営業局長 清水 明浩氏
  • 株式会社テレビ東京 取締役 遠藤 孝一氏
  • 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
    テレビタイムビジネス局 テレビスポットビジネス局 担当局長
    山田 覚氏
  • VR テレビ調査局衛星メディア調査部長 大竹 一正

無料民放BS開局15年の節目に機械式調査がスタートし、更にBSメディアが飛躍するために広告ビジネスはどこを目指すのか、その時必要なデータは何なのか等、今後のBSメディアが目指す姿を放送局や広告会社の方々にお伺いします。

生活者の今に寄り添う、「ラジオ」の多様化アプローチ

【登壇者】

  • 株式会社ニッポン放送 専務取締役 森谷 和郎氏
  • 株式会社エフエム東京 取締役 編成制作局長 村上 正光氏
  • 株式会社radiko 業務推進室長 青木 貴博氏
  • VR ソリューション推進局ラジオ聴取率・マーケティング担当
    岡田 真平

生活者のライフスタイル・価値観が多様化する中、ラジオはどのように姿を変え、生活者に寄り添うメディアとして歩み続けるのか。ラジオの可能性 の「拡張」と「深化」の両面から、いまとこれからを考えます。

ワカル?ワカモノ ~多様な若者を理解するには~

【登壇者】

  • VR ひと研究所研究員 わかものラボリーダー 石倉 裕大

多様な現代の若者が何を考え、求めているのか。独自データと生活シーンへの潜入で丸裸にします。コミュニケーション、メディアとの関わりや背景にある価値観などマーケティングを考える際のヒントが満載です。

「顧客の愛着度を高めるには?」価値観基軸とした
CRMソリューション

【登壇者】

  • オリックス野球クラブ株式会社 企画事業部 企画グループ長 兼 ファンクラブグループ長 兼 宣伝グループ 兼 企画広報グループ 兼 イベント・運営グループ 課長代理 緒方 貴弘 氏
  • 株式会社日立ソリューションズ 産業ソリューション本部
    サービス・インテグレーション部 主任技師(課長) 藤原 英哉 氏
  • VR ひと研究所主席研究員   亀田 憲
  • VR ソリューション推進局ACR/ex事業推進部長 岩城 靖宏

ファンビジネスを展開する企業の取り組みを題材に、顧客の「行動」と「価値感」の両側面に基づく、顔の見えるCRMソリューションの価値について議論します。

ターゲットをつかまえる ~調査データを広告配信に活かす~

【登壇者】

  • 株式会社サイバー・コミュニケーションズ メディア・ディビジョン
    パブリッシャー・データ・マネージメント・チーム 田中 芳樹 氏
  • VR ソリューション推進局インタラクティブ事業戦略室課長 田村 玄

インターネットではターゲットを絞り込んだ広告配信が可能な一方で、配信数が限られることが課題です。調査データを活用して推定プロフィールを付与し、配信ボリュームを増やす方法とその意義について議論します。

視聴『質』イノベーション ~生体反応の活用~

【登壇者】

  • VRテレビ調査局テレビ調査部専門職部長 中奥 美紀

当社ではテレビの視聴『質』についての取組みに加え、技術進歩の進む「生体反応測定技術」等の活用研究も進めています。本テーマのパートナーの方々との共同研究結果を交えながら、テレビメディアの価値向上・CM効果への応用の具体化を探ります。

ACCESS
交通アクセス

東京国際フォーラム

東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

JR線

■有楽町駅より徒歩1分 ■東京駅より徒歩5分(京葉線東京駅とB1地下コンコースにて連絡)

地下鉄線

■有楽町線 有楽町駅 B1地下コンコースにて連絡 日比谷線  銀座駅より徒歩5分 ■日比谷駅より徒歩5分   ■千代田線 二重橋前駅より徒歩5分 ■日比谷駅より徒歩7分   ■丸ノ内線 銀座駅より徒歩5分 ■銀座線 銀座駅より徒歩7分 ■京橋駅より徒歩7分 ■三田線   日比谷駅より徒歩5分

ABOUT
開催について

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催まで、あと5年。生活者を取り巻くデジタル環境やメディアビジネスが、大きく変革する時期を迎え、その変革自体も日々加速しています。 そこで当社では、生活者・テレビ・メディア・インターネット・マーケティングの各領域の課題や将来展望について、各界でご活躍の方々ならびに関係業界の皆様とともに共有するイベントとして、 3年ぶりに「VR FORUM 2015」を開催させていただくこととしました。今回は「COMMUNICATION DYNAMICS」をテーマに掲げ、各領域での変革と、そこで生まれる課題に対する当社独自のソリューションを 発信・提言する場として多数の講演・パネルディスカッションを行うとともに、常設の展示ゾーンやソリューション別のプレゼンテーションをご用意いたしました。 皆様には是非ご来場いただき、当社が考える「COMMUNICATION DYNAMICS」を体感いただきますようお願い申し上げます。