EXHIBITIONS
開催・展示・ミニプレゼンのご案内

B7展示会場

B7展示会場

テレビ領域
  • 誕生! VRTVPOP! Powered by チームラボ
    〜テレビ局編成・番組制作向け視聴率Viewerシステム〜
  • テレビの見られ方はどう変わったか
  • 視聴データ・CM出稿データのリアルタイム提供技術
  • 生体反応の活用 ~テレビ視聴質・CM効果~
  • モバイル測定に対する技術の取組み
  • テレビとスマホを繋ぐアプリとログ活用
メディア領域
  • 進化するラジオ、深化するコミュニケーション
  • J-MONITORが拓く、新聞広告の新しい価値
  • 共通指標で活きる!雑誌広告のチカラ
  • 効果を可視化、プランニングにも使える共通指標。
    VRのOOHへの取組み
インターネット領域
  • Data Science × Visualization ~広告効果を可視化する~
  • インターネット広告の価値向上に向けて
マーケティング領域
  • ~「課題発見」から「未来予測」まで~
    ブランド関連情報を連結する「ブランド情報ダッシュボード」
  • ブランド診断からコミュニケーションコンセプトを検討する
    「ブランド・カルテ」
  • 統合的メディアプランニングの実践「R&F++」
    ~メディアミックスでのリーチ&フリークエンシー~
  • キャンペーン施策の診断と改善案の導出
    「新CM調査」「キャンペーンカルテ」
生活者領域
  • ビデオリサーチの生活者研究「ひと研究所®」
特別展示
  • 第54回JAA広告賞~消費者が選んだ広告コンクール~
    ファイナリスト作品展示
    (主催:公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会)

ミニプレゼンタイムスケジュール  [ 12月9日(水)@ホールB7展示会場 ]

10:00〜10:20
TV

機械式調査稼動!BS全国視聴データで知る視聴者の“顔”

VR テレビ調査局 衛星メディア調査部 勝美 恵一

今年4月より開始した機械式BS視聴世帯数調査は、プロフィールを詳細に調査しています。BS視聴者の特徴を、データで明確に捉えることが可能です。
10:30〜10:50
TV

ソーシャルデータと広告効果 〜Tweetという付加価値〜

VR テレビ調査局 テレビ調査部 茅野 恭平
VRコムハウス 広告事業部 北本 真由香

テレビ番組やCMと関連が強いSocialサービス。その付加価値(広告効果)をVRは考えます。
11:00〜11:20
TV

視聴率を“解く” 行間を“読む” 〜番組・タイムテーブル改善〜

VR ソリューション推進局 テレビ事業推進部 岸本 佳純

VRは皆様の番組・タイムテーブル改善のお手伝いをしています!VRがどのように視聴率データを解釈し打開策を提言しているか、事例をご紹介します。
13:30~13:50
TV

~解約する人、しない人~
有料多チャンネルテレビ放送解約者に現れる3つの行動とは?

VR テレビ調査局 衛星メディア調査部 藤原 賢史

有料放送の大きな課題、『解約』について、弊社グループインタビュー結果なども交え、対策のヒントにもなる情報をご紹介します。
14:00~14:15
TV

テレビの視聴率に新たな切り口を
~個人プロフィールの推定拡張~

VR ソリューション推進局 データナレッジ担当 片柳 伊佐

PM調査地区視聴率とACR/exのデータフュージョンで可能になる、サイコグラフィックや商品関与での視聴率集計についてご紹介します。
15:00〜15:20
TV

テレビの見られ方はどう変わったか

VR ソリューション推進局 テレビ事業推進部 丁 慶明

多様化したメディア環境の中において、テレビの見られ方がどう変わったのかを紹介します。
15:30〜15:55
TV

誕生! VR TVPOP! Powered by チームラボ
~テレビ局編成・番組制作向け視聴率Viewerシステム~

チームラボ株式会社 取締役 堺 大輔氏
VR ソリューション推進局 テレビ事業推進部 松岡 逸美

見たいデータがすぐ見られる視聴率Viewerシステムを来春リリース予定です。 VRが考える新しいアウトプットの形をご提示します。
16:30~16:50
生活者

シニアが見える。Senior+/exのご紹介

VR ひと研究所 主席研究員 對馬 友美子

団塊世代が70代目前。ますます重要になるシニア市場のため74歳まで拡大した『ACR/ex』活用方法をご紹介します。
17:00~17:20
マーケティング

~「課題発見」から「未来予測」まで~
ブランド関連情報を連結する「ブランド情報ダッシュボード」

VR ソリューション推進局 ACR/ex事業推進部 岸 斉史

課題発見から未来予測まで行える、ACR/exブランド指標、
6媒体広告統計、商品メタ、購買データ等を連結して分析するツールをご紹介します。
17:25〜17:40
マーケティング

媒体計画をサポートする「R&F++」
~メディアミックスでのリーチ&フリークエンシー~

VR ソリューション推進局 ACR/ex事業推進部 鈴木 暁

テレビ×ネットのリーチをACR/exの任意ターゲットで推定可能に。ニーズに応える新しいメディアミックスR&F推定システムをご紹介します。

PAGE TOP