おかげさまで、VR FORUM 2019は大盛況のうちに終了いたしました。
お忙しい中、会場に足をお運びいただいた皆様、誠にありがとうございました。

VR FORUM2019 Data Orchestration Symbol

2019.2.13 WED / 2.14 THU   
@東京ミッドタウンホール&カンファレンス

13日(水)14:00~17:10予定 [受付開始 13:15]
14日(木)9:30~17:30予定 [受付開始  9:00]

PROGRAM
講演プログラム

  • Day1
  • Day2

2019年2月13日 水曜日 [ 受付開始 13:15~ ]

  • 13:00
  • 13:30
  • 14:00
  • 14:30
  • 15:00
  • 15:30
  • 16:00
  • 16:30
  • 17:00
  • 17:30
  • @HallA/B

    • 13:15~14:00

    開場

    • 14:00~17:10

    基調講演 

    一般社団法人日本民間放送連盟 副会長
    株式会社東京放送ホールディングス 代表取締役社長 佐々木 卓 様

    • K1

    基調講演 

    公益社団法人日本アドバタイザーズ協会
    専務理事 鈴木 信二 様

    • K2

    基調講演 

    一般社団法人日本インタラクティブ広告協会 副理事長
    株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 代表取締役社長 矢嶋 弘毅 様

    • K3

    基調講演 

    株式会社ビデオリサーチ 代表取締役社長 加藤 讓

    • K4

2019年2月14日 木曜日 [ 受付開始 9:00~ ]

  • 9:30
  • 10:00
  • 10:30
  • 11:00
  • 11:30
  • 12:00
  • 12:30
  • 13:00
  • 13:30
  • 14:00
  • 14:30
  • 15:00
  • 15:30
  • 16:00
  • 16:30
  • 17:00
  • 17:30
  • @Hall-A

    • 9:40~10:55

    テレビのメディアデータ整備の考え方

     

     

    ビデオリサーチ 橋本 和彦

    • A1

    • 11:20~12:30

    メディアの「統合指標」について考えてみる

    (株)博報堂DYメディアパートナーズ 中澤 壮吉 様

    Facebook Japan 中村 淳一 様

    ビデオリサーチ 池田 宜秀

    • A2

    • 13:00~14:15

    インタラクション・バイブル2019
    ~メディアとプラットフォームが調和する未来を考える~

     

    アカウントプランナー/SONAR/国立情報学研究所 岡﨑 孝太郎 様

    (株)電通 石橋 英城 様

    ビデオリサーチ 石松 俊之

    • A3

    • 15:00~16:30

    これからのマーケティングプラットフォーム

     

    ソフトバンク(株) 藤平 大輔 様

    ニールセン デジタル(株) 宮本 淳 様

    ビデオリサーチ 岩城 靖宏

    (株) マクロミル佐々木 徹 様

    ビデオリサーチ 岩城 靖宏

    • A4

  • @Hall-B

    • 9:30~10:30

    デジタルイノベーションにおける『ACR/ex』

    ビデオリサーチ 石原 浩

    ターゲットは逃さない! VRロケーションデータの可能性

    (株)博報堂DYメディアパートナーズ 三浦 暁 様

    ビデオリサーチ 村上 義明

    • B1

    • 11:05~12:25

    地域とテレビ①
    ローカルならではのコミュニケーション

    コミュニケーション・ディレクター 佐藤 尚之(さとなお) 様

    地域とテレビ②
    「冒険県」冒険する長崎プロジェクトに見る、地域とテレビのこれから

    (株)テレビ長崎 田中 悟史 様

    トヨタカローラ長崎(株) 藤岡 良規 様

    (株)博報堂DYメディアパートナーズ 波房 克典 様

    ビデオリサーチ 長谷川 晃子

    • B2

    • 12:40~14:10

    視聴ログをどう活かす?①
    視聴ログを活用した取り組み 最新状況

    (株)テレビ朝日 松瀬 俊一郎 様

    三井物産(株) 南原 一輝 様

    ビデオリサーチ 藤森 省吾

     

     

    視聴ログをどう活かす?②
    視聴ログの“出口”を考える

    (株)ジュピターテレコム 村山 直樹 様

    ビデオリサーチ 河辺 昌之

    • B3

    • 14:25~16:10

    視聴質へのアプローチ①
    見られるテレビ広告とその価値の活用

    TVISION INSIGHTS(株) 郡谷 康士 様

    (株)テレビ東京 中名生 次郎 様

    ボルボ・カー・ジャパン(株) 関口 憲義 様

    ビデオリサーチ 山内 智成

    視聴質へのアプローチ②
    Advanced TVの世界
    ~データ分析を活かしたテレビ広告の買い方に向き合う~

    CNN International Commercial Gregory Beitchman 様

    日本テレビ放送網(株) 巽 直啓 様

    ビデオリサーチ 木塚 了敬

    • B4

    • 16:40~17:25

    テレビと購買データのトリセツ

    (株)クレディセゾン 磯部 泰之 様

    ビデオリサーチ 長島 英樹

    • B5

  • @Hall-C

    • 9:35~10:20

    新聞コンテンツのデジタルメディア価値

    コンテンツメディア価値研究会/
    (株)デジタルガレージ 長澤 秀行 様

    (株)日本経済新聞社 三宅 耕二 様

    (株)北海道新聞社 田中 徹 様

    ビデオリサーチ 松本 圭一

    • C1

    • 10:35~11:20

    進むラジオのデジタル化、DMPを通じて広がる価値

    (株)J-WAVE 小向 国靖 様

    (株)TBSラジオ 小池 洋 様

    (株)radiko 坂谷 温 様

    ビデオリサーチ 次井 拓麻

    • C2

    • 11:35~12:20

    映像コンテンツ視聴をめぐる生活者の実像と若者の世界観
    ~ひと研究所の生活者&メディア最新研究~

    (株)電通 奥 律哉 様

    ビデオリサーチ ひと研究所 渡辺 庸人

    • C3

    • 12:50~13:35

    テレビ×デジタル領域でのPDCA“あるある”、どうする?

    資生堂ジャパン(株) 中條 裕紀 様

    (株)リクルート/ (株)リクルートジョブズ 金井 統 様

    ビデオリサーチ 花木 綾

    • C4

    • 13:55~14:40

    プラットフォーマーのIDデータ戦略と3rdPartyデータ活用

    楽天(株) 深田 淳 様

    楽天データマーケティング(株) 富田 奨 様

    ビデオリサーチ 小木 真

    • C5

    • 15:00~15:45

    プライベートDMPを通じた顧客獲得・育成の現在と未来

    (公社)ジャパン·プロフェッショナル·バスケットボールリーグ 葦原 一正 様

    (株)WOWOW 根田 雄生 様

    ビデオリサーチ 鈴木 康啓

    • C6

※内容は都合により一部変更となる場合がございます。予めご了承ください。

【基調講演】

  • 一般社団法人日本民間放送連盟 副会長
    株式会社東京放送ホールディングス 代表取締役社長 佐々木 卓 様

【基調講演】

  • 公益社団法人日本アドバタイザーズ協会 専務理事 鈴木 信二 様

【基調講演】

  • 一般社団法人日本インタラクティブ広告協会 副理事長
    株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 代表取締役社長 矢嶋 弘毅 様

【基調講演】

  • 株式会社ビデオリサーチ 代表取締役社長 加藤 讓

テレビのメディアデータ整備の考え方

  • VR テレビ事業局長 橋本 和彦

社会の変化・視聴環境の変化・マーケティング環境の変化が進む中、テレビメディアの価値を示すためのデータ整備に関するビデオリサーチの考えを2020年に向けた新視聴率計画を中心にご説明致します。
そして2020年以降、「さらに進化させていくポイント」「この先目指す未来像」などを共有していきたいと考えます。

メディアの「統合指標」について考えてみる

  • 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 統合メディアプラニング局 局長 中澤 壮吉 様
  • Facebook Japan 執行役員・マーケティングサイエンス日本統括 中村 淳一 様
  • VR 企画推進局長 池田 宜秀

「統合指標」の目的は?必要な要素は?そして存在する課題は?
これらに現場で常に向き合っているお二方に登壇いただき議論しながら、「統合指標」の現状を理解しつつ、課題についても語っていただきます。

インタラクション·バイブル2019
~メディアとプラットフォームが調和する未来を考える~

  • アカウントプランナー/SONAR/国立情報学研究所 岡﨑 孝太郎 様
  • 株式会社電通 電通イノベーションイニシアティブ局長 石橋 英城 様
  • VR エグゼクティブフェロー 石松 俊之

データが氾濫し、それを読み解く技術(テクノロジー)の発達によって、メディアやコミュニケーションのあり方が変わろうしています。
その変化のキーをインタラクション(相互作用)と捉え、AIやブロックチェーンなどの技術で、これからのメディアや広告メディアのあり方をディスカッションします。

これからのマーケティングプラットフォーム

  • ソフトバンク株式会社 コンシューマ事業統括 プロダクト&マーケティング統括 コミュニケーション本部 デジタルメディア統括部 統括部長 藤平 大輔 様
  • ニールセン デジタル株式会社 代表取締役社長 宮本 淳 様
  • VR ソリューション事業局長 岩城 靖宏
  • 株式会社マクロミル 代表執行役副社長 日本担当 佐々木 徹 様
  • VR ソリューション事業局長 岩城 靖宏

ブランディング目的のデジタル広告出稿が増加しており、ファネルの上流を踏まえたプランニングが必要となっています。
フルファネルを解明するためのプラットフォームを、ビデオリサーチのパートナーであるニールセン デジタル様、ソフトバンク様とご用意します。
トッププレイヤーとのコラボレーションにより提供できる価値にご期待ください。

また、デジタル化が進む環境下において、調査会社自身にも変化が求められています。
ファネルの解明や顧客理解の深化に向けてのマクロミル様との取り組みをご紹介します。

デジタルイノベーションにおける『ACR/ex』

  • VR メディア・コミュニケーション事業局長 石原 浩

40年以上マーケティングの中核を担っている『ACR/ex』。その理由は唯一無二の『代表性』です。基軸データとしての活用はもちろんのこと、デジタリゼーションにおける他データとの連結・融合など“新たな価値”を確度高く創出するフェーズへ。あらゆるマーケティング・シーンにおいてエンジンとなりハブとなる“ACR/exの共創の価値”をご紹介します。

ターゲットは逃さない!VRロケーションデータの可能性

  • 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ IoTソリューション開発部 部長 三浦 暁 様
  • VR メディア・コミュニケーション事業局 ACR/ex事業推進部長 村上 義明

アドテクノロジーは日々進化を続けており、交通・屋外領域にもその波は押し寄せています。
2018年に実施した地下も捕捉可能な位置情報実験調査の結果をご紹介しながら、ビデオリサーチが目指すロケーションデータ構想をご紹介します。

地域とテレビ①
ローカルならではのコミュニケーション

  • コミュニケーション・ディレクター 佐藤 尚之(さとなお) 様

近日公開

地域とテレビ②
「冒険県」冒険する長崎プロジェクトに見る、地域とテレビのこれから

  • 株式会社テレビ長崎 営業局次長 田中 悟史 様
  • トヨタカローラ長崎株式会社 代表取締役社長 藤岡 良規 様
  • 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ テレビスポット&エリアビジネス局 エリアビジネス部 メディアアカウントディレクター 波房 克典 様
  • VR テレビ事業局 テレビ事業計画部 長谷川 晃子

「子供たちの豊かな原体験づくりを創造する」ことを目的として、自治体、企業、そして地元テレビ局がタッグを組んだプロジェクトが元気に活動中です。
これまでの取り組みと今後のさらなる取り組みを、それぞれのお立場から語っていただきます。地域活性化というテーマに日々取り組まれているみなさま、必見です。

視聴ログをどう活かす?①
視聴ログを活用した取り組み 最新状況

  • 株式会社テレビ朝日 インターネット・オブ・テレビジョンセンター ビッグデータ担当部長 松瀬 俊一郎 様
  • 三井物産株式会社 ICT事業本部 デジタルマーケティング事業部 マーケティング事業第一室 南原 一輝 様
  • VR 企画推進局 デジタル企画推進部 藤森 省吾

放送局のデータ放送経由で収集した視聴ログ分析の取り組みと、海外におけるマルチデバイス連携の事例についてお話しします。

視聴ログをどう活かす?②
視聴ログの“出口”を考える

  • 株式会社ジュピターテレコム 上席執行役員 メディア事業部門長 村山 直樹 様
  • VR 営業局 デジタルビジネス推進部 課長 河辺 昌之

J:COM STB(セットトップボックス)の視聴ログ分析の概要をご紹介すると共に、今後のビジネス構想についてお話しいただきます。

視聴質へのアプローチ①
見られるテレビ広告とその価値の活用

  • TVISION INSIGHTS株式会社 代表取締役社長 郡谷 康士 様
  • 株式会社テレビ東京 営業局 業務推進センター 営業戦略部 企画推進担当部長 中名生 次郎 様
  • ボルボ・カー・ジャパン株式会社 マーケティング部 ディレクター 関口 憲義 様
  • VR 営業局 第四営業部長 山内 智成

見られるテレビ広告とは何を指しているのか?
注目力?番組との関係性?効果性?
注視度に着眼し、広告と番組の関係性をディスカッションします。

視聴質へのアプローチ② Advanced TVの世界
~データ分析を活かしたテレビ広告の買い方に向き合う~

  • CNN International Commercial, コンテンツ&パートナーシップ, VP Gregory Beitchman 様
  • 日本テレビ放送網株式会社 営業局 スポット営業部 デスクチーフ 巽 直啓 様
  • VR 企画推進局 デジタル企画推進部長 木塚 了敬

世界中でデジタル化時代を迎える中、データ及びテクノロジーをテレビ広告に活用した海外での事例およびその背景を確認します。
一方、日本においても、テレビ広告のデータ分析ニーズが高まる中、顧客要望に向き合うには何が必要かを放送局様を交えて、ディスカッションします。

テレビと購買データのトリセツ

  • 株式会社クレディセゾン 取締役 デジタル事業部長デジタルマーケティング部長 磯部 泰之 様
  • VRソリューション事業局 データデザイン部長 長島 英樹

テレビ視聴と購買を結ぶファネルの可視化が可能な時代になりました。クレジットカード会社が持つアセットとテレビ視聴のデータ統合事例をご紹介し、その活用としてデジタル広告配信とCRM活用の2つのアプローチを"オーケストレーション(データの融合と活用)"を切り口に議論します。

新聞コンテンツのデジタルメディア価値

  • コンテンツメディア価値研究会 事務局長/
    株式会社デジタルガレージ 特命顧問 長澤 秀行 様
  • 株式会社日本経済新聞社 執行役員 デジタル事業 メディアビジネスユニット長 三宅 耕二 様
  • 株式会社北海道新聞社 電子メディア局 メディア委員 田中 徹 様
  • VR 企画推進局 デジタル企画推進部 シニアフェロー 松本 圭一

テレビ局、新聞社、雑誌社などのコンテンツメディアがブランドを重視しながら各デジタルコンテンツを運営しています。
それらのコンテンツメディア30社以上が参画した「コンテンツメディア価値研究会」が立ち上がり、媒体社、広告主の協力も得ながら実験調査を行い新しい価値指標の構築を目指しています。
今回は新聞社様に代表してご参加いただき、コンテンツメディア価値研究会の調査結果も紹介しながら、コンテンツメディアの未来について語ります。

進むラジオのデジタル化、DMPを通じて広がる価値

  • 株式会社J-WAVE 編成局 デジタル開発部長 小向 国靖 様
  • 株式会社TBSラジオ 営業統括局 営業推進部 小池 洋 様
  • 株式会社radiko 業務推進室長 坂谷 温 様
  • VR 営業局 第二営業部 AudioMedia担当 次井 拓麻

ラジオの新たな聴取体験を提供する「ラジコ」。
本セッションでは、radiko様と放送局様を迎え、ラジコの心臓部として構築した「ラジコDMP」を活用した、ラジコユーザーへのターゲティング広告配信(ラジコオーディオアド)等の最新事例を伺いながら、改めて見えてきたラジオという音声メディアのパワーや価値について議論を深めます。

映像コンテンツ視聴をめぐる生活者の実像と若者の世界観
~ひと研究所の生活者&メディア最新研究~

  • 株式会社電通 電通メディアイノベーションラボ 統括責任者 奥 律哉 様
  • VR ひと研究所 主任研究員 渡辺 庸人

生活者そして特に若者にとっての映像コンテンツの視聴について研究を行っております。
リアルな生活行動とメディア利用の分析から見えてきた事実や、今の若者の頭の中にある“映像コンテンツの世界観”について、共同研究を進める識者を交え議論します。

テレビ×デジタル領域でのPDCA“あるある”、どうする?

  • 資生堂ジャパン株式会社 メディア統括部 メディアミックスグループ 中條 裕紀 様
  • 株式会社リクルート ネットマーケティング推進室 シニアマネージャー株式会社リクルートジョブズ 商品本部 デジタルマーケティング室 マーケティング部 部長 金井 統 様
  • VR ソリューション事業局 データデザイン部 花木 綾

広告主がテレビ×デジタル領域でPDCAを進めていく際に起こりがちな課題とその解決策を、実際の現場でご担当されている皆様の実経験を交えながらディスカッションします。

プラットフォーマーのIDデータ戦略と3rdPartyデータ活用

  • 楽天株式会社 グローバルアドディビジョン ビジネス戦略企画部 アセットプランニング課 深田 淳 様
  • 楽天データマーケティング株式会社 事業統括推進本部 富田 奨 様
  • VR ソリューション事業局 データデザイン部 課長 小木 真

国内最大規模のIDデータや、楽天グループのさまざまなデータを活用した楽天が展開するフルファネルのマーケティングソリューションの最新事例とともに、VRが提供するデータ統合ソリューション「VR LINC」との取り組み事例を交えながら、今後のデータマーケティングの展望について議論を深めます。

プライベートDMPを通じた顧客獲得・育成の現在と未来

  • 公益社団法人ジャパン·プロフェッショナル·バスケットボールリーグ常務理事·事務局長 葦原 一正 様
  • 株式会社WOWOW マーケティング局 デジタルマーケティング部 ユニットリーダー 根田 雄生 様
  • VR 営業局 デジタルビジネス推進部 鈴木 康啓

様々な顧客接点から得られたデータを管理し、マーケティングに活かしていくCRM(Customer Relationship Management)。
メディア業界、スポーツ業界において、デジタルを機軸にCRMを構築・活用している2社に立ち上げ時の苦労や現在の課題を具体的にお伺いしつつ、今後の展望についてもお話いただきます。

雑誌ブランド × ファンマーケティングが生み出す未来

  • 株式会社小学館 広告局 デジタルメディア営業センター 副センター長 河村 英紀 様
  • 株式会社電通 出版ビジネス・プロデュース局 出版業務推進部 中村 一喜 様
  • VR メディア・コミュニケーション事業局 メディア・コミュニケーション部 青柳 壮助

雑誌を取り巻くビジネス環境が厳しさを増す中、出版各社は読者組織の構築、イベント、デジタルメディア運営、SNS、動画制作などオンライン、オフライン問わず様々な施策を進め、新たなビジネス像を模索しています。
今回は雑誌公式SNSアカウントや雑誌が抱える読者組織の活用法など、デジタル上を中心とした雑誌ブランドコミュニケーションを紹介しながら、今後の出版ビジネスの在り方、進むべき方向性についてディスカッションします。

ACCESS
交通アクセス

東京ミッドタウン
ホール&カンファレンス

東京都港区赤坂9-7-1

地下鉄線

■都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
■東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結
■東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分
■東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10分

ABOUT
開催のご挨拶

デジタルシフトが進み、世の中には様々なデータが溢れるようになりました。
メディア接触、プロモーションへのレスポンス、購買、そして利用者ならびに生活者からの評価の声などなど、これらのデータを活用した企業活動も盛んになりました。

と同時に、「大量のデータはあるのに使いこなせていない」「今あるデータだけでは足りない。足りないことはわかっているがどうすればいいかわからない」といった課題に直面することも増えているように思います。

課題を発見する、その構造を抽出する、施策アイデアを導き出す、顧客を知り・発見する・・・それらを実現するには、あるがままのデータ活用ではなく、データの品揃え、定義、収集の仕方など、いかに有機的な設計をするかが重要になります。それがビデオリサーチの考える「データオーケストレーション」のコンセプトです。

VR FORUM 2019 では、ビデオリサーチのテレビ・メディア・ソリューションの各領域への取り組みと共に、各界でご活躍の方々にもご登壇いただき、「データオーケストレーション」を実践するためのヒントを探っていきたいと思います。

VR FORUM 2019 実行委員会

雑誌ブランド × ファンマーケティングが生み出す未来

(株)小学館 河村 英紀 様

(株)電通 中村 一喜 様

ビデオリサーチ 青柳 壮助