メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

会社情報

プレスリリース 2017年

2017年12月13日

VR LINC、アクシオムジャパンとデータ接続
ビデオリサーチデータを元に、Facebook等で広告配信が可能に

VR LINC ロゴ

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 讓)は、テレビ視聴データをはじめとした、保有するメディアデータおよびプロフィールデータを供給するデータ統合ソリューション「VR LINC(ブイアール リンク)」を、エンタープライズ向けデータ管理・分析事業を手掛けるアクシオムジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、アジア・パシフィック統括取締役:フレドリック・ジューブ、以下 アクシオムジャパン)に接続しました。これにより、アクシオムジャパンは、Facebook広告等において、当社のデータを元にしたデジタル広告配信セグメントの提供を開始します。

ACR/exデータを元にした配信セグメントが利用可能に

デジタルマーケティングの実行において、オンラインとオフライン、マスとデジタルなど、統合プランニングのニーズが高まっています。一方、現在のデジタル広告配信セグメントは、オンライン上の行動をベースとしたセグメントが中心となっています。このギャップに対して、広告業界標準のマーケティングデータであるACR/ex等を提供している当社と、オフラインでの消費者行動データやライフスタイル属性データを利用した、ターゲティング配信ソリューション「パートナーカテゴリ(Partner Categories)」をFacebook広告上で提供しているアクシオムジャパンが連携し、オフラインのメディア接触や行動を加味したオリジナルセグメントの開発・取り組みを進めてまいりました。

今回の取り組みでは、ACR/exの一部のデータを元に、テレビ視聴量や視聴パターン・視聴ジャンルなど、メディア接触によるセグメント、クレジットカードの利用金額や所有枚数、利用している小売店や飲食店など、ファイナンス、ショッピング、外食行動によるセグメントを提供します。

これらのオフライン行動によるセグメントにより、オンラインとオフライン、両者を統一したメディアプランニングの検討や、実際のデジタル広告配信が可能になります。

今回提供する配信セグメント

*2017年12月現在

VR LINCの概要

*今後も、広告会社・広告主のニーズも踏まえて、 提供セグメントの拡大を進めます。

連携スキーム

当社は、ACR/ex等から、個人が特定されない形で属性情報を提供します。提供データは、アクシオムジャパンが保有する大規模オーディエンスデータに拡張され、広告配信先として接続されているFacebook等での配信セグメントとして利用可能になります。

VR LINCの概要

今後も変化する生活者を捉え、企業と生活者にとって最適なコミュニケーション活動が実施できる環境作りをサポートしていきます。

アクシオムジャパン株式会社 概要

商号 アクシオムジャパン株式会社
代表者 アジア・パシフィック統括取締役:フレドリック・ジューブ
事業内容 エンタープライズ向けデータ管理・分析事業
URL http://www.acxiom.jp/

アクシオムジャパンは、米国に本社を持ち、全世界で7,000社を超える企業にマルチチャネル向け統合マーケティングプラットフォームを提供するアクシオムの日本法人です。アクシオムは世界中の優れたマーケターのためにデータ利用の基盤を提供しています。私たちは、マーケターがシンプルかつオープンな形でシステム間やデータ同士をつなぎ合わせることで、どこでも人ベースのマーケティングを実践でき、シームレスなカスタマーエクスペリエンスとROIの改善に貢献します。45年以上にわたるオーディエンス識別の経験と倫理的なデータ活用のリーダとして、グローバルで数千社以上のクライアントにサービスを提供しています。また、様々なパートナーとグローバルで協業し、「すべてのマーケティングを消費者にとって意味のあるものにする」というビジョンの実現に邁進しています。アクシオムの詳細については、www.acxiom.comをご参照ください。

「VR LINC」とは VR LINC ロゴ

テレビ視聴データをはじめとするメディアデータおよびプロフィールデータを、DMPを通して企業が保有する各種データに連結・統合し、付加価値をつけるデータ統合ソリューション。

Video Research Logical Integration for New Communicationの頭文字をとったもので、データ統合機能に特徴があり、意識と行動ログ、オフラインとオンライン、メディア接触と会員情報といった各種データをIDマッチングやデータフュージョン(2種類の異なるデータを融合させること)、推計モデルを用いて統合し、メディアプランニングやWEB広告配信等にご活用いただくことが可能なサービスです。


「ACR/ex」とは ACR/ex ロゴ

生活者をフラットに捉える新たなシングルソースデータです。
「生活者属性」「商品関与」「メディア接触」という3つの視点を同一サンプルに調査することで、人・ブランド・メディアを多角的に捉えます。関東・関西・名古屋など主要7都市で約1万人に調査を実施しています。


プレスリリース一覧へ戻る

関連情報

商品パンフレット

パンフレットのダウンロード

ページトップへ