メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

ソリューションメニュー

ラジオ個人聴取率調査

  • 概況分析
  • ターゲット定義
  • マーケティング・コミュニケーションストラテジー
  • メディアプランニング
  • 交渉・購買
  • 効果検証/キャンペーントラッキング
  • メディアデータ
  • 広告プランニング
  • 広告効果測定
  • マーケティングデータ
  • グローバル対応
  • 調査・分析手法
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 概要・特長
  • 聴取率と占拠率の算出方法
  • 分析システム

当社ではラジオの個人聴取率調査を全国各地で実施していますが、大きく分けて3種類の実施方法があります。
1つは「当社による独自調査」(首都圏、関西圏、中京圏)、2つ目は同一地区の民放ラジオ局が共同で実施する「共同調査地区」、3つ目は特定局による「単独局調査」です。それぞれの調査の相違点は「調査主体」が異なる(調査データの所有権が異なります。)点です。ここでは当社が独自に行っている「自主ラジオ調査」についてご紹介いたします。

ラジオ個人聴取率調査データのご紹介

 

ビデオリサーチ自主ラジオ調査

調査概要

調査概要です
項目 首都圏 関西圏 中京圏
調査エリア 東京駅を中心
とする
半径35km圏内
大阪府、京都府
兵庫県の
45市5町
愛知県、岐阜県
三重県の
48市22町1村
調査対象者 12~69歳の男女個人
標本数 3,000人
標本抽出方法 無作為系統抽出法
調査方法 パネル化した調査対象者による1週間の日記式調査
調査票 携帯型調査票/電子調査票(※)ともに、
聴取局名・15分単位の聴取時間、聴取場所を回答
調査開始 '90年 '01年 '02年
調査回数 年6回(偶数月) 年2回
(6月、12月)
レポート発行 翌月

※関西圏、中京圏は2016年6月度調査より電子調査票を導入


ラジオ個人聴取率調査の調査方法

ラジオは自宅内だけでなく自宅外でも聞かれるメディアですので、機械式テレビ視聴率調査のようにラジオに測定機を取り付けるわけにはいきません。そのため調査期間の聴取状況を日記のように記録していくスタイルをとっています。調査対象者は、郵送される携帯型調査票に記入する方法、もしくは、スマートフォンやPCなどから電子調査票へ入力する方法のいずれかにより回答します。

ラジオ個人聴取率調査の調査対象

調査の対象者は調査エリア内に在住の男女12~69才の個人の方が対象となります。 (首都圏ラジオ個人聴取率調査の’90年4月~’01年8月は、男女12~59才が調査対象。) ラジオはほとんど個人で聞く場合が多いので、調査は“個人単位”で行なっています。 対象者の選定方法ですが、無作為系統抽出法という統計的手法を用いて対象者を選定しています。


ラジオ個人聴取率調査の調査エリアの詳細

首都圏調査エリア

調査エリア:
東京駅を中心とする35km圏

調査対象数:
調査の対象者数は1回の調査で3000人です。統計的な手続きをとって抽出された方々に1年間お願いしています。1回の調査で1/6ずつ入れ替え、1年間で全員が入れ替わるようになっています。

調査回数:
調査は年間6回実施しています。時期は2月、4月、6月、8月、10月、12月のそれぞれ1週間で行います。

関東エリア地図

関西圏調査エリア

調査エリア:
大阪府、京都府、兵庫県の45市5町で行っています。

調査対象数:
調査の対象者数は1回の調査で3000人です。統計的な手続きをとって抽出された方々に1年間お願いしています。1回の調査で1/2を入れ替え、1年間で全員が入れ替わるようになっています。

調査回数:
調査は年に2回実施しています。時期は6月、12月のそれぞれ1週間で行います。

関西エリア地図

中京圏調査エリア

調査エリア:
愛知県、岐阜県、三重県の48市22町1村で行っています。

調査対象数:
調査の対象者数は1回の調査で3000人です。統計的な手続きをとって抽出された方々に1年間お願いしています。1回の調査で1/2を入れ替え、1年間で全員が入れ替わるようになっています。

調査回数:
調査は年に2回実施しています。時期は6月、12月のそれぞれ1週間で行います。

中京エリア地図
商品・サービスのご相談・お問い合わせ

ビデオリサーチのソリューション内容についてご不明な点はございましたか?
ビデオリサーチでは、お客様の課題やニーズに応じて、最適なソリューションをご提案しておりますので、お気軽にご相談、お問い合せください。

WEBからのお問い合わせはこちらから

ページトップへ