Smart Ad Sales  supported by Video Research Smart Ad Sales Supported by Video Research

スポット取引の基本指標で、広告枠の価値を確認したい!

関東地区におけるスポット取引の取引指標である[P+C7]を用いて、PM視聴率でSmart Ad Sales 枠を分析することが可能です。

例)Smart Ad Sales 枠のパーコスト表
Smart Ad Sales 枠のパーコスト表

「今月、販売対象となっている広告枠のパーコスト表」は、下記の<枠ファインダ>からご覧いただけます。

※ご覧になるには、枠ファインダの利用申込みが必要です。

枠ファインダのサイトへ

  • 2018年度平均の個人全体の毎60分データより算出したパーコスト表
    (今月、販売対象となっている広告枠のパーコスト表)

より、詳細なデータ提供については、【当社営業窓口】または 【お問合せフォーム】 までご連絡ください。

キャンペーンにおける出稿全枠とあわせて分析したい!

VR-Bridgeシステムをご利用ください。

※VR-Bridgeとは

2015年10月にスポット事前作案システムからリニューアルした、テレビ・ラジオスポットCMの取引業務を支援するシステム。標準的に利用されている「タイムテーブル」や「CMスケジュール表」の出力や、出稿後の事後評価まで、ワンストップでキャンペーンの管理を行うことができる。また、広告取引EDIにも対応しており、スポット取引全般の業務を効率化することができる。

VR-Bridgeの詳細はこちら 

より、詳細なデータ提供については、【当社営業窓口】または 【お問合せフォーム】 までご連絡ください。

キャンペーン効果を分析したい!

VR CUBIC(関東地区)において、前述の戦略ターゲットでの分析結果の効果調査が可能です。

VR CUBICについて 

ビデオリサーチ関連情報