メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート

文字サイズの変更フォントを大きくするフォントを大きくするフォントを標準にするフォントを標準にするフォントを小さくするフォントを小さくする

ご相談・お問い合わせはこちらから

ソリューションメニュー

SOTO(ソト)/屋外メディアと購買の関係を総合的に把握するレポート

  • 概況分析
  • ターゲット定義
  • マーケティング・コミュニケーションストラテジー
  • メディアプランニング
  • 交渉・購買
  • 効果検証/キャンペーントラッキング
  • メディアデータ
  • 広告プランニング
  • 広告効果測定
  • マーケティングデータ
  • グローバル対応
  • 調査・分析手法
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 概要・特長
  • 詳細内容

ビデオリサーチの屋外メディア関連調査、SOTOのご紹介をしています。

SOTOの特長

これまで、交通広告に接触する可能性のある空間を交通メディアと捉えた「Transit Media Report」、屋外広告や街頭SPに接触する可能性のある街空間をメディアと捉えた「街Media Report」をご提供してきました。
これらのさらなる発展と、新たなデータ開発を目的とした新しい屋外メディアのための調査を2006年より実施しております(東京30km圏は2006年より、関西地区は2009年のみ実施)。
これが「SOTO(屋外メディア総合調査)」です。

SOTO(屋外メディア総合調査)の概要イメージ

「SOTO」は、鉄道(路線・駅)や街のみならず、道路、流通プロモーションをも含めた<広告メディア>としての屋外メディアの媒体力を、総合的に示すことが可能です。

特長1.生活時間の中で"屋外メディア"を捉える

  • 1日の生活時間の中で電車や車を利用した時間帯を測定しており、屋外メディアの特長・強みを時間軸に沿って表すことができます。
  • また、マスメディアに接触する時間帯や買物行動も同時に測定しており、「屋外メディア×マスメディア」「リーセンシー」視点でのプランニングにも活用できる設計となっています。

特長2.ビークルレベルで"屋外メディア"を捉える

  • 「パイの大きさ(接触者の量)」、「接触の習慣性(拡がりと頻度)」、「セグメンテーション性(接触者の質)」を表すことができます。
  • また、主要駅の構内スポット(駅ナカ)や主要な街のスポット(街ナカ)など広告掲出ポイントレベルでも通過者の量・拡がりと頻度・質を表すことが可能です。
  • 更に、路線・街・道路については、普段の接触頻度や時間帯、目的などを平日と土日に分けて測定することで、ビークルレベルの接触実態がより詳細に把握できます。

特長3.広告レベルで"屋外メディア"を捉える

  • 電車中吊り広告、駅構内ポスター広告をはじめ、各交通・屋外・店頭広告の注視習慣を測定しており、屋外広告はどの程度意識・注目されているのかを把握できます。

特長4.豊富な切り口で"屋外メディア接触者"を多面的に捉える

  • 生活意識や商品・サービスへの関与、店舗・施設の利用状況や広告への関与など、消費性向・価値観などを多面的に測定しており、各ビークルの接触者として描けると同時に、広告ターゲットとして把握することもできます。

SOTOの調査概要

調査エリア 東京30km圏 関西地区
(2府4県主要地域)
調査時期 毎年5月下旬または6月上旬の特定1週間(年1回調査)
調査対象者 調査時に満15歳~満69歳の男女個人(ただし中学生は除く)
調査方法 質問紙郵送留置調査
目標有効標本数 4,000人 3,000人
対象者抽出法 RDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)により調査対象者を抽出し、調査協力を依頼
※RDD・・・電話番号を無作為に発番させ自動的にダイヤルし調査をする手法
調査対象ビークル数 鉄道 路線 66 57
線群 59 19
393 325
駅セット 187 97
駅スポット 105
※主要10駅の駅ナカ
101
※主要8駅の駅ナカ
72 65
街スポット 82
※主要9街の街ナカ
76
※主要7街の街ナカ
道路 道路セット 20
※一般道の区間別道路の「計」
国道・一般道路 51
高速道路 32
買物 店舗 31 32
商品 27 27

(2009年度版)


商品・サービスのご相談・お問い合わせ

ビデオリサーチのソリューション内容についてご不明な点はございましたか?
ビデオリサーチでは、お客様の課題やニーズに応じて、最適なソリューションをご提案しておりますので、お気軽にご相談、お問い合せください。

WEBからのお問い合わせはこちらから

ページトップへ