ニュースNews

プレスリリース

VR FORUM 2019にて全25講演を実施~新視聴率計画の詳細も発表~

vrforum2019.png

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、2月13日(水)~14日(木)の2日間にわたり、東京ミッドタウンホールにおいて「VR FORUM 2019~Data Orchestration~」を開催し、当社が考える新視聴率計画をはじめ、各種メディアとの取り組み、デジタルマーケティング施策へのソリューションサービス等を紹介しました。

VR FORUM 2019では全25講演を実施、延べ3,555名のお客様にご来場頂きました。

2日間を通して実施した講演・パネルディスカッションの中から、一部内容を紹介します。

写真1.jpg 写真2.jpg

●テレビのメディアデータ整備の考え方(2/14(木) 9:40~10:55 ホールA)

【登壇者】ビデオリサーチ テレビ事業局長 橋本 和彦

昨年のVR FORUM2018にて提示した「テレビ視聴環境の変化に対応するこれからの視聴率」の考え方をベースに、各方面の皆様と意見交換を重ねてきました。
今回のVR FORUM2019では、その意見交換の総括として、新視聴率計画の改めての提示、そして、ビデオリサーチが考える「テレビメディアデータとしてのあり方」「共通指標として利用いただく視聴率はどうあるべきか」というテーマのもと、説明しました。

<新視聴率計画がめざすこと>
図1.png

<新視聴率計画における各地区の調査設計>
図2.png

さらに、新視聴率をベースとした「テレビのメディア価値を正しく表す」方法としては、
① 調査サンプル拡大地区のデータ提供・活用~ACR/ex連携によるプロフィール分析~
② 全国を表現するデータの具現化
③ 放送局由来の動画配信の視聴測定と指標の検討
④ BSの価値を示すデータの検討
この4つの視点で現状の議論・検討状況を紹介しました。

また、新視聴率計画のさらに先に対する当社の考えとして、
① これからのテレビメディアデータについて、「コンテンツ視聴の全てを把握」していく取り組み
② 視聴率調査をベースとして〝実数データ〟を活用していく取り組み
の2点を提示しました。

新視聴率計画を軸に、今後起き得る様々な変化に対応し、その実態をデータとして示すことを進めてまいります。

図4.png

【画像をクリックで拡大】