ニュースNews

プレスリリース

「ラジオデータ」次のステージへ ~毎日の聴取データを提供、調査手法を変更~

radio365.png

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:望月 渡)は、2020年4月より、首都圏エリアにおいて毎日のラジオ聴取データが翌日に提供可能となる「ラジオ365データ」のサービスを開始いたします。
併せて首都圏・関西圏・中京圏エリアにおけるラジオ個人聴取率調査のリニューアル実施をお知らせいたします。


◇365日、1分毎の聴取データを翌日提供へ

当社では、現在首都圏エリアにおいて年6週間のラジオ個人聴取率調査を実施しております。
その聴取率調査データと株式会社radikoが保有しているradikoデータを用いて、日々のラジオ聴取状況を推計する仕組みの研究開発を進めてまいりました。この度、2020年4月より「ラジオ365データ」としてサービスの提供を開始いたします。
従来調査では年6週間分(1週間×6カ月)の調査でしたが、調査を行っていない日の聴取状況も毎日確認することが可能となり(【図1参照】)、ラジオの価値をより正しく表現することが可能となります。


【図1】

zu-1.png


<「ラジオ365データ」概要>
zu-2.png



◇ラジオ個人聴取率調査のリニューアル

これまで訪問留置調査により紙の調査票で実施してまいりました首都圏・関西圏・中京圏エリアのラジオ個人聴取率調査につきまして、2020年4月から順次、WEB調査に変更いたします。

リニューアル後の調査仕様については、以下をご参照ください。


<2020年4月以降の調査仕様>

zu-3.png

◇今後の展開

今後につきましては、関西圏・中京圏での「ラジオ365データ」の提供に向け関係各社と協議を進めてまいります。
併せて、首都圏・関西圏・中京圏以外のエリアでもこれまで実施してきたラジオ個人聴取率調査について、訪問留置調査からWEB調査への転換を推進していくとともに、「ラジオ365データ」の提供につきまして、関係各社へ提案を開始いたします。

「ラジオ365データ」によるデータ拡充・データ提供のスピード化、およびWEB調査への転換による効率化など、ラジオ業界への貢献を目指してまいります。