ニュースNews

お知らせ

『テレビ調査白書2020』発刊~コロナ禍でテレビ視聴はどう変化したのか?~

この度2020年のテレビ視聴率・テレビ広告の動向をまとめた「テレビ調査白書2020」を発刊しました。
本書では、「テレビ視聴率、広告の動向」に加え、特集として「コロナ禍がもたらしたテレビ視聴の変化」「2020 年のドラマを振り返る」などを紹介しています。

■特集 コロナ禍がもたらしたテレビ視聴の変化

2020年を振り返ると、新型コロナウイルスが猛威を振るい、人々の働き方や暮らし方が大きく変わった年だったといえます。人々の行動の変容にともない、テレビの見られ方も大きく変わった1年となりました。コロナ禍がテレビ視聴にどのような変化をもたらしたのか、データとともに振り返っていきたいと思います。

■27地区それぞれのテレビ視聴動向

2020年3月30日より視聴率調査が大きく変わり、測定対象地区において調査設計の統一がなされました。それに伴い当レポートの対象地区も27地区に拡大し、地区ごとの世帯視聴率や個人視聴率の推移、タイムシフト視聴率・総合視聴率を通じて、各地区のテレビ視聴動向をお伝えしています。
(関東、関西、名古屋、北部九州、札幌、仙台、広島、静岡、長野、福島、新潟、岡山・香川、熊本、鹿児島、長崎、金沢、山形、岩手、鳥取・島根、愛媛、富山、山口、秋田、青森、大分、沖縄、高知)

2020_tvhakusho.png

『テレビ調査白書2020』の概要
□ 2020年 テレビに関するトピックス
 ・テレビ広告費の推移と世の中の動き/総世帯視聴率とイベントの関係/
  地上波テレビ番組編成/テレビ視聴率<全国32地区>/
  テレビ視聴率<全国BS>/2020年の主な出来事

□ 特集
 ・コロナ禍がもたらしたテレビ視聴の変化
 ・2020年のドラマを振り返る

□ テレビ視聴の動向 
 ・高世帯視聴率番組30(27地区)
 ・地区別テレビ視聴率の動向(27地区)
 ・高世帯タイムシフト視聴率・総合視聴率番組10(27地区)
 ・テレビ番組を見る眼~好感度、継続視聴意向、満足度

□ テレビCMの動向
 ・テレビ広告出稿量~業種別、商品種類別、広告主別、タレント別
 ・テレビCMを見る眼~認知率、好意度、購入・利用喚起度~

テレビ調査白書とは・・・
1年間の視聴率動向やCM出稿量をまとめたレポートです。各放送エリアのテレビ視聴率データおよびCM出稿量を掲載しております。放送業界、広告業界だけでなく、メディアの学術研究にもお役立ていただけます。

本報告書はB5版(282ページ)
ご提供価格 5,500円(消費税込)
ご購入はこちらから(PDFファイルでのご提供)