ニュースNews

プレスリリース

2022年お正月三が日のテレビCM動向 出演CM本数 タレントトップは「出川 哲朗」、企業トップは「興和」~ 「テレビCM速報」(関東地区)集計結果より ~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:望月 渡)は、この度、2022年1月1日~3日の間に関東地区でオンエアされたテレビCM動向をまとめましたので、お知らせいたします。

タレント別出演CM本数

1位 出川 哲朗
2位 橋本 環奈
3位 柳楽 優弥

企業別CM本数

1位 興和
2位 ダイハツ工業
3位 Cygames

商品・サービス別CM本数

1位 DMM.com
2位 リクル-ト リクル-トダイレクトスカウト
3位 ハ-ゲンダッツジャパン ハ-ゲンダッツ カップ

今年の正月三が日では、企業数で608社(2021年:610社)、CM本数で12,076本(2021年:11,568本)のテレビCMが関東地区でオンエアされました。
タレント別でみると、出演テレビCM本数が最多だったのは「Rivergame Limited トップウォー」「ソフトバンク ワイモバイル スーパーだれとでも定額」などのCMに出演していた「出川 哲朗」でした。2位は「BookLive」などのCMに出演の「橋本 環奈」、3位は「DMM.com」などのCMに出演の「柳楽 優弥」となっています。1位「出川 哲朗」、3位「柳楽 優弥」は、前年はトップ10圏外となっており、今年の年始は大幅に出演CM本数が増加しています。2位「橋本 環奈」は前年1位から引き続き年始の顔となりました。

企業別CM本数でみると、「興和」が前年に続き最多となりました。前年はトップ10圏外だった「永谷園」「ハーゲンダッツジャパン」がトップ10入りし、前年に比べ食品関連CMの出稿が目立っています。

商品・サービス別では「DMM.com」が最も多く出稿しています。また、6位「Rivergame Limited トップウォー」、8位「BookLive」といったゲームや電子書籍など、家でも帰省の移動中でも楽しめる娯楽関連のCMが上位に並ぶ結果となりました。

(いずれも速報値で、番組宣伝CM等テレビ局のPRは除きます)

※ビデオリサーチのグループ会社である株式会社ビデオリサーチコムハウスが、関東地区において「いつ」「どの局で」「何の(企業・商品)」CMが放送されたのかを収集し、独自の基準によって取りまとめた国内最大のテレビCMに関するデータベースであるテレビ広告統計のオプションサービス、テレビCM速報[全国テレビCMデータ]で算出しています。テレビCM速報[全国テレビCMデータ]は最速でCM出稿翌日10:00頃のタイミングで「いつ」「どの局で」「何の(企業・商品)」CMが放送されたのか把握できるサービスです。翌日にCM出稿状況が確認できることで、出稿時点レベルでのGRP管理や競合社・競合ブランドのCM出稿状況をいち早く把握することが可能となります。

2022年1月1日~1月3日 テレビCM動向一覧

press20220105_tarentbetu-cm.pngpress20220105_kigyobetu-cm373.png

press20220105_syohinbetu-cm465.png

press20220105_syukei-jyoken.png

*当ページの文言を一部変更いたしました。(2022年1月5日 17:30 時点)