コミュニケーション施策の効果を把握したい

キャンペーンの浸透状況および態度変容を網羅的に捉えます。

例)キャンペーン浸透状況の把握したい

キャンペーンが効果的に機能するには、「キャンペーンがどれだけの人に届いたのか」という入り口を捉えることが重要です。『Campaign KARTE』*では、「テレビCM認知率」などの媒体別の広告認知に加え、「キャンペーン全体の認知」も捉えます。また、各媒体のNorm値から出稿量に対する広告認知の効率の診断も可能です。コンタクトや態度変容項目などのカスタマイズも随時承ります。

P10-01.png



キャンペーン接触後の態度変容状況の評価

キャンペーン認知に続いて、広告に認知することでどれだけの効果があるのかを測定します。キャンペーンは短期的な売上増加だけでなく、購入予備軍を捉えるための中長期的な評価も重要です。当社『Campaign KARTE』*では購買プロセスのさまざまな指標をご用意しており、態度変容指標ごとに広告効果を把握することができます。カスタマイズで媒体組み合わせによる相乗効果も算出します。

P10-02.png

※Campaign KARTE
クロスメディア視点で広告キャンペーンの効果を測定する調査。広告キャンペーン全体の到達に加え、媒体別の態度変容効果も把握します。

ROIの算出と評価

広告出稿金額に対してどれだけの効果が得られたのかを知ることも重要です。各媒体の出稿金額に対するROIの算出ができます。「認知」「購入意向」といった態度変容指標別のROIを算出することで、潜在顧客なども含めたROIの評価が可能です。

P10-03.png