マーケティング予算の配分を検討したい

さまざまなマーケティング変数の中から、どの指標が最も目標指標に貢献するのか探索し、最適な予算配分が可能です。

ブランドの浸透指標やイメージをはじめ、広告周りの各指標や店頭配荷、季節変動など、目標指標(浸透指標や売上等)に影響する指標間の関係性をモデリングにより可視化し、予算配分の最適化をはかります。

例)目標とする売上金額に対し、マーケティング予算を最適に配分したい


まず、最終ゴールとなる売上に対し、刺激と反応の関係性を仮説に基づきコミュニケーション構造を可視化します。マーケティング・コミュニケーションの成果を把握すべく、自社内保有のデータや1st/3rdパーティーデータ等と統合し、マーケティングミックスモデリングを構築。マーケティング予算の最適な配分をシミュレートします。(Data source:広告統計ACR/exほか)

PCDA6-01.pngPCDA6-02.pngPCDA6-03.pngPCDA6-04.pngPCDA6-05.png