ターゲットに届くビークルを選びたい

広告媒体予算の配分が決まった後の次ステップとして、想定ターゲットに適したビークルを選定できます。

例)コミュニケーションターゲットに適したビークルを選定したい


ご提供するソリューションメニューとして、
①ターゲットの接触確率が高いビークルを各メディアごとにランキング形式で抽出する方法と、
②リーチ(到達)やフリークエンシー(重複回数)が最大となるように抽出する方法
の2つの方法を提案します。
(Data source:ACR/ex

①ターゲットの接触確率が高いビークルをメディアごとに抽出

コミュニケーションターゲットのふだんのレギュラー番組の視聴、ラジオ聴取曜日・時間帯、雑誌閲読、新聞閲読、インターネットサイト、交通・路線利用、街・来街の各媒体について、上位接触ビークルを抽出。出稿すべきビークルの検討材料として活用できます。

PDCA10-1.png

②リーチやフリークエンシーが最大になるように抽出

コミュニケーションターゲットにおいて、ビークル単位に最も接触率が最も高くなる順に分析。出稿のプライオリティの検討材料として活用できます。 

PDCA10-2.png

課題の解決ソリューション

ACR/ex

生活者の属性や商品関与、メディア接触など網羅的に調査した、代表性のある大規模シングルソースデータです。

Kids/ex

3~12歳の子どもの生活行動やキャラクター人気をまとめた、子どもターゲットのマーケティングデータです。

R&F++

メディア単体、および複数メディアを使うキャンペーンのリーチ、フリークエンシーを推定します。

VR LINC

貴社保有のデータに、当社データをつなげることで付加価値をつける、データ統合ソリューションです。

SiteGraphics

インターネットのアクセスログに対しプロフィールを推定するサービスです。

Digital Ad Ratings(DAR)

テレビCM同様にデジタル広告をデバイス間の重複を除いたトータルリーチで把握できる広告効果測定サービスです。

AD Value Panel

オンラインキャンペーンの総合的な効果検証が可能な100万人規模のパネルを活用した調査フレームです。