ニュースNews

プレスリリース

2019年CM女王は、渡辺直美!(関東地区) ~2019年の年間テレビCM出稿動向まとまる~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:望月 渡)は、この度、関東・関西・名古屋3地区の各民放5局を対象に2019年の年間(1月~12月)のテレビCM出稿動向※をまとめましたので、お知らせいたします。

■2019年のテレビCM出稿量は横ばい/商品種類では"通信・web系サービス"が依然トップ

2019年のテレビCM総出稿量は、関東・関西・名古屋3地区とも前年と大きく変わらず、ほぼ横ばいでした。商品種類として出稿量(秒数/関東地区)が最も多いのは、"通信・web系サービス"で、前年を上回っています。この傾向は2016年から続いており、「Indeed」「トリバゴジャパン」などを筆頭に引き続き活況です。
テレビCMの総出稿量や商品種類に大きな変化はないものの、関東地区において初めてテレビCM出稿をした企業の数は増えてきており(2018年163社、2019年192社)、テレビCMの裾野が少しずつ広がってきているといえそうです。

■2019年のCM出稿量、広告主数ともに1位は、渡辺直美!

タレント別CM出稿量(秒数)ベスト3(関東地区)

1位 渡辺 直美 2位 濱田 岳 3位 桐谷 健太

タレント別広告主数 ベスト3(関東地区)

1位 渡辺 直美 2位 有村 架純 3位 斎藤 工
浜辺 美波
西島 秀俊
高畑 充希
マツコ・デラックス
松岡 茉優

タレント別CM出稿量・タレント別広告主数(関東地区)ともに、「渡辺直美」が、2位以下に大きく差をつけて、いずれも初の1位となりました。「BOAT RACE振興会」「アフラック生命保険」など多様な業界のCMに継続的に出演しており、これまでも上位の常連でしたが、2019年のCM出稿量は2年前の倍になるなど(2017年154,185秒、2019年305,580秒)、これまで以上の躍進で初のCM女王に輝きました。
なお、CM出稿量・広告主数の上位の顔ぶれとしては、大手携帯キャリアのCM出演者が多数ランクインしているのが特徴的です。
また、「マツコ・デラックス」は広告主が2018年の6社から15社と大幅に増え、広告主数3位にランクイン。さらに、タレントイメージ調査(2020年2月調査)の人気度でも上位にランクインしており、生活者・企業の双方から支持を得ていることがわかります。

※ビデオリサーチのグループ会社である株式会社ビデオリサーチコムハウスが、関東・関西・名古屋の各地区において「いつ」「どの局で」「何の(企業・商品)」CMが放送されたのかを収集し、独自の基準によって取りまとめた国内最大のテレビCMに関するデータベースであるテレビ広告統計により集計。テレビ広告統計は、ビデオリサーチがデータの提供を行い、ユーザニーズに応じて、月報(翌月)、週報(二週後)、テレビCM速報(オンエア翌日)など様々なタイミングで関連業界にてご活用いただいております。

img200409_03_01.png

2019年の年間CM出稿量の推移(テレビ局広報CMを除く民放5局合計)

〔 関東地区 〕

年間合計CM総出稿量

img200409_04_01.jpg

月別CM出稿量の推移

img200409_05_01.png

〔 関西地区 〕

年間合計CM総出稿量

img200409_07.jpg

月別CM出稿量の推移

img200409_08.png

〔 名古屋地区 〕

年間合計CM総出稿量

img200409_09.jpg

月別CM出稿量の推移

img200409_10.jpg



商品種類別CM総出稿量〔2019年1月~12月上位20商品種類〕

img200409_11.jpg