ターゲットに響くクリエイティブを把握したい

ターゲットに効果的なクリエイティブの表現要素を成功CMの勝ちパターンから探ります。

クリエイティブ開発をする際、コミュニケーションターゲットへのメッセージ訴求に加え、どのような表現にするかも大切な検討要件です。当社では以下3つの分析ソリューションメニューをご提案しております。

例)世の中で成功しているCMの勝ちパターンが知りたい

①過去CMの表現要素を分解・抽出

タレント、音楽、ストーリー、商品特徴、キャッチコピーなど、テレビCMを成功に導く要素は多岐にわたります。ビデオリサーチでは『TV-CM KARTE』の30年以上にわたるデータストックから、分析対象となる商品カテゴリーのCMデータを抜き出し、仮説に基づく「表現要素」を抽出・定量化します。

PDCA8-1.png

②重要指標へ影響を与える表現の探索

前のステップで抽出・定量化した「表現要素」のなかで、どんな要素が「認知」「好感」「購入喚起」との相関が高いかを分析します。
また、表現要素の重要度のトレンドから、どのような表現要素を盛り込む必要があるかも確認可能です。

PDCA8-2.png

③KPIを押し上げる表現要素の組み合わせパターンを算出

重要な表現要素が分かっても、15秒のCMのなかにすべてを盛り込むことは困難です。そこで、表現要素の組み合わせを複数作り、KPIを効果的に押し上げるパターンを特定します。これにより、具体的にどのような表現をCMに盛り込むことが成功につながるかのヒントになります。

PDCA8-3.png