クリエイティブカルテ

テレビCMのクリエイティブ評価調査を動画で実施、他社との比較やスピーディーな結果のご提供ができます。

テレビCMの評価について、「動画で調査したい」「他社やNormと比較したい」「スピーディーに結果を確認したい」といったニーズに適うサービスです。
さらに、「動画広告の認知経路(テレビ/Web/交通/店頭など)をターゲット別に把握したい」という要望にも対応するなど、CMクリエイティブに関する多様なニーズをワンストップで提供します。
調査結果はNorm値比較(全業種/カテゴリ別)により一般的なCMとの比較評価ができるほか、過去に調査したCMであればバックデータとして結果をご覧いただくことも可能です。

分析事例の紹介

このテレビCMって、競合と比較してどのくらい「良く出来ている」の?~「そうだ 京都、行こう。」篇 ~

「CM認知を押し上げるタレント・キャラクターのチカラ」後編 ~クリエイティブカルテのご紹介vol.8 蓄積データ分析篇~

「CM認知を押し上げるタレント・キャラクターのチカラ」前編 ~クリエイティブカルテのご紹介vol.7 ダイハツミラトコット狭い道篇~

「日本で唯一」と「日本初」似て非なる表現の効果は? ~クリエイティブカルテのご紹介vol.6 POLAリンクルショット

カワイイは女性に広く満遍なく好まれる グリコ カフェオーレ執事登場編

サービス概要

従来のテレビCMクリエイティブ評価調査は複数調査を目的毎に使い分けるケースが主流でした。
しかし、複数調査を併用することで管理の手間と調査コストが膨れ上がっているケースが多かったかと存じます。
当社ではこれらを一本化し、多用なニーズにワンストップで応えることが可能なサービスとして、クリエイティブカルテをご提供させていただきます。

具体的には、長年「両立が難しい」とされてきた以下の複数ニーズを両立しております。

〇「CM動画再認での評価」と「他社比較」との両立
〇「オムニバス形式での手頃な価格」と「実査時期の自由度」との両立
〇「Web調査での報告スピード」と「出稿量との関係(認知効率)把握」との両立

これらのニーズの両立により、調査管理の手間の軽減と調査コストの圧縮を実現いたします。

<提供形態>

調査結果レポートのExcelによる提供 (従来型のレポートと比べて、データの蓄積管理や素材間比較も容易です)

<レポートイメージ(一部)>

img_sample_2.png

img_sample_3.png

調査概要

調査単位 年間約100回(毎週2回(火曜、金曜))
発行日程 年間約100回(①翌週月曜、②翌週木曜にそれぞれリリース)
調査期間 ①②とも各3日間
調査地域 関東1都6県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県)
調査対象者 調査時に満15歳~69歳の男女個人
目標有効標本数 540人
標本抽出法 インターネットリサーチパネルより、無作為にメール送信し、調査を依頼。性年代均等割付けしたサンプルを住民基本台帳の性・年齢構成に従いウェイト集計
調査方法 インターネット調査