MAGASCENE/ex(マガシーン エクス)

雑誌約500誌の読者の量・特性、雑誌の質などを捉えた総合的な雑誌のプランニングデータです。

ACR/ex』から雑誌データに求められる視点で構成した雑誌業界向けパッケージです。
雑誌の閲読状況として雑誌の閲読率などの到達指標をはじめ、読者プロフィールや、雑誌自体の回読人数、イメージなどのデータをご提供しております。
また、出稿プランに基づいたリーチ推計もできます。

サービス概要

当サービスでは下記のようなデータをご提供しています。

<主な調査内容>

約500誌を調査対象とし、下記の項目を調査しています。

MAGASCENE2.JPG

<ご提供の指標>

○雑誌浸透度指標(その雑誌がどれだけ知られているか・読まれているか?)
・雑誌知名度
・雑誌閲読率
※対象ビークルは「週刊誌、隔週刊誌、月刊誌、隔月刊誌、フリーマガジン、会員誌」但し、
「リージョナル誌」を除く・各ビークルの閲読率は「特定連続2号」平均を用いています。

○読者の質指標(その雑誌を読んでいるのはどんな人達か)
・デモグラフィック特性
・サイコグラフィック特性(ファッション志向・健康志向・金融意識...etc)
・商品・サービス関与(商品の使用・所有、欲求、広告関心、ジャンル別商品関与と情報接触状況...etc)
・趣味・レジャー活動(最近1年間・日頃行っているもの...etc)
・媒体・広告関与(5媒体の接触時間、媒体・広告の評価、興味・関心事とメディアの関係... etc)

○雑誌の質指標(その雑誌はどんな読まれ方、買われ方か)
・購読者比率(自分で買って読んでいる読者の割合)
・精読者比率(殆ど全頁読んでいる読者の割合)
・回読人数(1冊の雑誌が何人に読まれているか)
・閲読頻度(最近6号中何号くらい読んでいるか)
・閲読日数/1冊(号)(1号当たり何日かけて読んでいるか)
・反復閲読程度(1号を読み返す傾向)
・主な購入場所(主に雑誌を買う場所)
・主な閲読場所(主に雑誌を読む場所)
・ビークルイメージ(閲読雑誌に対するイメージ評価)

<提供形態>

Webシステム「VR-CIP」にて提供。
簡易的なレポーティングだけでなく、さまざまな集計・分析も可能。

調査概要

市場全体推計可能なエリアランダムサンプリングを採用、 抽出した約1万人に調査専用タブレットを貸与し調査を実施。

調査エリア及び目標標本数 東京50km圏:4,800s 関西地区:1,700s
名古屋地区:1,000s
北部九州地区:800s
札幌地区:800s
仙台地区:800s
広島地区:800s
7地区計:10,700s
対象者抽出方法 ARS(エリア・ランダム・サンプリング)
※調査対象者の無作為抽出、インターネット非利用者も含む市場全体を母集団とする設計
調査方法 訪問による調査対象者説得、電子調査票による調査
※回答者全員に通信機能付きの回答専用端末(タブレット端末)を貸与
調査対象者 男女12~69歳の個人
調査依頼期間 1年間のパネル化
(6ヶ月ごとに半数ずつ入替)
毎年4~6月
(1年ごと入替)