各施策の売上への効果を捉えたい

各施策と売上との関係性を分析し、短期と中長期のそれぞれでのROI算出が可能です。

例)各施策と売上との関係性を客観的・科学的に評価し、課題を抽出したい。

マーケティングミックスモデリング(指標間の関係性把握)

マーケティング・コミュニケーションの成果を把握すべく、貴社内の各部署が保有するデータ(および弊社にてすでに採録しているデータ)を統合し、マーケティング・ミックス・モデリングを構築します。その際、「ブランド力」をモデルに組み込むことは、広告の残存効果を説明するのに有効です。

広告の残存効果を把握

マーケティング・コミュニケーションはときに一過性のROI(投資対効果)で評価されがちですが、ブランドへの蓄積効果を評価することは非常に重要です。短期視点のみのコミュニケーション活動では、ブランド力を減損させ、マーケティングの効率を悪化させてしまう可能性があるからです。そこで、広告効果の残存状況を把握することを推奨します。

P03-2.png



短期と中長期のROIを算出

各施策の残存効果が見えれば、中長期のROIを算出することが可能になります。中長期のROIを向上させていくことこそ、ブランド力を維持・育成するためのキーポイントです。

P03-3.png